人気ブログランキング |
2006年 09月 12日
「マイ・アーキテクト」 ルイス・カーンを探して DVD
c0087349_9152971.jpgルイス・カーンの映画「マイ・アーキテクト」の存在をインターネット等で1ヶ月前ぐらいに知りました・・・・・・・遅い!(昨年から?)
全国各地で上映されていましたが、情報では東京方面はもうすでに終わっていました。
広島、沖縄とか、なかなかすぐに行ける場所での上映はないようでした。
先日、送られてきた建築学会誌のなかに、「マイ・アーキテクト」9月22日DVD発売決定のパンフが入っていました。
見られないものと諦めていましたが是非購入したいと思います。
以前、日本の弟子である東京大学の建築家の香山先生が、放送市民大学で「ルイス・カーン」について講義されて、特に「光と影」の話は心に残りました。

c0087349_9155737.jpgc0087349_9161359.jpg








読売新聞関係HPで映画の紹介が載っていました。
■ 見どころ
世界的建造物を多数手がけた建築界の巨匠、ルイス・I・カーンの息子が、父親の死の真相に迫るドキュメンタリー。2004年のアカデミー賞の長編ドキュメンタリー賞候補作。
■ ストーリー
1974年3月、NYで“現代建築の巨匠”として知られるルイス・I・カーンの死体が発見される。約30年を経ても父の死を受け入れられずにいる息子ナサニエルは、父を知る人々を訪ねる旅で、自身の出生の秘密まで知ることに。

# by core1808 | 2006-09-12 09:18 | 建築 | Trackback | Comments(0)
2006年 09月 11日
自家製なめたけ
料理人の政さんのブログを見て自家製なめたけが簡単に出来ることを知りました。
「自家製なめたけ」と検索するといろいろなブログに作り方が出ていました。
材料は、エノキ、日本酒、味醂、濃口醤油が主ですが、酢やしょっつる又は料理人の政さんは出汁(昆布と鰹節)を使用します。好みによりいろいろな作り方があるようです。
昨日、休日の料理を政さんの方法で作りました。

作り方(料理人の政さん)
1. 出汁(昆布と鰹節)を沸かして醤油を適当に入れ、エノキダケ(適当に切る)を入れて炊く。
2. 煮詰める。味醂を入れて更に煮詰める。
3. 程よく煮詰まったら完成。瓶に入れて冷蔵庫で保存。

一般的には 1. 材料(エノキ、日本酒、味醂、濃口醤油、)を全て鍋に入れ、強火にかける。
c0087349_13145550.jpg

c0087349_13152547.jpg

建築の話ではなく、日曜閑話でした。

# by core1808 | 2006-09-11 13:19 | 食べる話 | Trackback | Comments(0)
2006年 09月 10日
熱闘 高齢化ソフトボール
昨日、1年ぶりのソフトボールの試合を富士山の近くの裾野のグランドで楽しんできました。
建築士会の三島の仲間達と(参加者が高齢化社会になり気持ちと身体がばらばら・・・・。)
近隣の裾野、富士と対抗で2試合、暑くてきつい試合でした。
ひさしぶりのキャッチャー、2イニングやりましたがギブアップ・・・・・・・。
試合後のバーベキュー、やはりこちらは最高ですね。
おいしいご当地のお肉、全国的に有名になりつつある富士宮やきそば、・・・・・ビール、焼酎
その他いろいろ。
とうとう帰りは三島駅の近くで二次会でした。
(○○チャンと○○さんはちゃんと帰れたかのかなあ?(心配!))
c0087349_10111857.jpg

c0087349_719946.jpg

c0087349_10113437.jpg

c0087349_1012371.jpg


c0087349_10125368.jpg二次会で飲んだ地元沼津の名酒、高嶋酒造の「白隠正宗」いい酒です。

# by core1808 | 2006-09-10 10:15 | 雑談 | Trackback | Comments(0)
2006年 09月 09日
路上観察 コンクリートブラケット
以前この場所には小さな住宅が建っていました。
これは狭い駐車場の有効利用(河川不法占拠・・・・・、それとも川上駐車場・・・・・?)
のためのコンクリートブラケットの仕掛けです。
車を前から、それとも後から入れていたか覚えていませんが
どっちにしても勇気のいる駐車場でした。
このような不要の超芸術を赤瀬川原平さんがトマソンと名づけています。
(そう言えば、読売巨人軍にかってトマソンという選手がいました・・・・・・・?)
「不動産に付着していて美しく保存されている無用の長物」と定義されています。
場所:三島市芝本町
c0087349_4492198.jpg


c0087349_4495664.jpg最後の夏を元気に泣いていました

# by core1808 | 2006-09-09 04:54 | 路上観察・路上情報 | Trackback | Comments(0)
2006年 09月 08日
くり
昨日、敷地調査で思いがけない秋の収穫がありました。
敷地の中に大きな栗の木、落ちている実をオーナーからプレゼント・・・・!
敷地調査でなく栗拾いになってしまいまいた。
残暑が厳しくなりましたが秋を多少感じました。
c0087349_5433558.jpg

c0087349_544136.jpg
大きな実を沢山拾えました。


c0087349_5452794.jpg皮をむいたきれいな実です。明日の栗ご飯、楽しみです。

# by core1808 | 2006-09-08 05:50 | 収穫 | Trackback | Comments(0)
2006年 09月 07日
地球を僕の手の上に-PC世界旅行
最近、国内の航空写真がいろいろなHPから手に入る便利な時代になりました。
昨日、建築家の秋山東一氏のブログでコルビジェのサヴォワ邸の航空写真・・・・・?
コメントに「Google EarthでParisパリに飛んでびっくりした。」・・・・・・?
「Google Earth」って何だろう?
早速に検索、“「Google Earth」で地球を僕の手の上に”・・・・!
HPよりダウンロード、インストール・・・・・すぐに3ヶ国の旅に出かけました。
(3人の建築家の建物を空から拝見、丸い建物はわかり易いですね・・・・。)

グッケンハイム美術館 
ファランク・ロイド・ライト 1959 アメリカ/ニューヨーク
c0087349_534337.jpg
ストックホルム市立図書館 
エーリック・グンナール・アスプルンド 1928 スウェーデン/ストックホルム

c0087349_5351234.jpg
ハース・ハウス 
ハンス・ホライン1990 オーストリア/ウィーン

c0087349_53641.jpg


# by core1808 | 2006-09-07 05:39 | 建築 | Trackback | Comments(0)
2006年 09月 06日
ハンス・ホラインの窓 part2 “2003中欧
ハース・ハウス
1990年 ウィーン/シュテファン広場

c0087349_2181314.jpg建物は、近くにウィーンのシンボルであるシュテファン大聖堂が建つ歴史的街区であるシュテファン広場に面して建っています。
歴史的街区にできるこの建物は、過去を模倣すべきか未来を表現するか2年間に亘り文化論争が続いたがホラインは後者を選びました。建物は、未来を表現するために金属、ガラス、石等の材料を多用しています。内部は高級ショップ・レストラン・オフィスを含む複合施設
                の建物です。


c0087349_2311877.jpg
c0087349_2313534.jpg
c0087349_2315657.jpg
c0087349_232925.jpg
c0087349_2321853.jpg


# by core1808 | 2006-09-06 02:34 | 建築 | Trackback | Comments(0)
2006年 09月 05日
ハンス・ホラインの窓 “2003中欧
2003年1月友人と共に極寒の中欧(オーストリア・チェコ・ハンガリー:当時はまだ東欧と言っていました。)を旅しました。
オーストリアのウィーンで印象に残った現代建築の一つにハンス・ホラインの建築がありました。ハンス・ホラインは1934年にウィーンで生まれ、オーストリアやアメリカで建築を学んだオーストリアを代表する現代建築家です。

レッティろうそく店 
1965年 ウィーン/コールマルクト通り
c0087349_2028778.jpgファサードにアルミを使用し、シンプルでシンメトリックなデザインで古いウィーンの通りに印象付けています。現在はたしか宝石(アクセサリー??)店です。
c0087349_20293031.jpg
小さな窓は外部から内部への空間の流れを感じ、選ばれた商品が展示してある。


シュリン宝石店2 
1982年 ウィーン/コールマルクト通り
c0087349_20334421.jpgファサードの要素として、木柱・ショーウィンドウ・丸窓を用い「レッティろうそく店」と同じようにシンメトリックなデザインで印象付けています。

c0087349_2057463.jpg
ファサードのポイントのための丸窓


# by core1808 | 2006-09-05 21:02 | 建築 | Trackback | Comments(0)
2006年 09月 04日
みしまの川 
源兵衛川 “2006夏
この川の流域は、農林水産省事業の指定を受け、1995年親水公園として再生しました。
川遊びが大好きな子ども時代を過ごし(1年中、川で遊び)、最近では川で遊ぶ子どもをあまり見かけませんでした。
写真のゾーンは、子どもが川に降りザブザブと歩きながら下流に向かう、また溶岩入りブロックが並び「川のみち」として川の中の散歩道として楽しんでいます。溶岩入りブロックは川の浄化システムの役割も果たします。
c0087349_20275916.jpg
左側のブロックが「川のみち」

c0087349_20283245.jpg
川辺に浜降り木製デッキ、素足になって川の流れを感じる

c0087349_20334652.jpg
源兵衛川の2ゾーン部分計画図



c0087349_20403252.jpg
c0087349_2036395.jpg

「川のみち」の仕掛け



季節の果物
c0087349_20465456.jpgカミサンの知人から梨が届きました。富山市の呉羽梨は、夏の名物果物です(梨を使った最中のお菓子も有名)。早速、冷やしていただきました・・・・・おいしかった・・・・毎年ありがとうございます。

# by core1808 | 2006-09-04 21:00 | まちの風景 | Trackback | Comments(0)
2006年 09月 03日
西伊豆-沼津の海
 残暑厳しい毎日と言いたいですが9月に入り過ごし易い毎日です。
夏が終わろうとしていますが、今年はまだ愛犬「はな」は泳いでいません。
今日は「はな」とともに海遊びをしてきました。
c0087349_1763344.jpg
シーカヤック(カヌー・・?)の練習をしていました。

c0087349_17755.jpg
正面の桟橋は昨日、和歌山沖で沈没した客船「スカンジナビア」が以前に停泊していました。


c0087349_1772916.jpg海が大好きな「はな」の今年の初泳ぎ(これで風邪引かないように・・・・・・。)


c0087349_1774647.jpg海へ行く途中の風景、稲がだいぶ大きくなりました。

# by core1808 | 2006-09-03 17:26 | 自然の風景 | Trackback | Comments(0)