人気ブログランキング |
2006年 09月 06日
ハンス・ホラインの窓 part2 “2003中欧
ハース・ハウス
1990年 ウィーン/シュテファン広場

c0087349_2181314.jpg建物は、近くにウィーンのシンボルであるシュテファン大聖堂が建つ歴史的街区であるシュテファン広場に面して建っています。
歴史的街区にできるこの建物は、過去を模倣すべきか未来を表現するか2年間に亘り文化論争が続いたがホラインは後者を選びました。建物は、未来を表現するために金属、ガラス、石等の材料を多用しています。内部は高級ショップ・レストラン・オフィスを含む複合施設
                の建物です。


c0087349_2311877.jpg
c0087349_2313534.jpg
c0087349_2315657.jpg
c0087349_232925.jpg
c0087349_2321853.jpg


# by core1808 | 2006-09-06 02:34 | 建築 | Trackback | Comments(0)
2006年 09月 05日
ハンス・ホラインの窓 “2003中欧
2003年1月友人と共に極寒の中欧(オーストリア・チェコ・ハンガリー:当時はまだ東欧と言っていました。)を旅しました。
オーストリアのウィーンで印象に残った現代建築の一つにハンス・ホラインの建築がありました。ハンス・ホラインは1934年にウィーンで生まれ、オーストリアやアメリカで建築を学んだオーストリアを代表する現代建築家です。

レッティろうそく店 
1965年 ウィーン/コールマルクト通り
c0087349_2028778.jpgファサードにアルミを使用し、シンプルでシンメトリックなデザインで古いウィーンの通りに印象付けています。現在はたしか宝石(アクセサリー??)店です。
c0087349_20293031.jpg
小さな窓は外部から内部への空間の流れを感じ、選ばれた商品が展示してある。


シュリン宝石店2 
1982年 ウィーン/コールマルクト通り
c0087349_20334421.jpgファサードの要素として、木柱・ショーウィンドウ・丸窓を用い「レッティろうそく店」と同じようにシンメトリックなデザインで印象付けています。

c0087349_2057463.jpg
ファサードのポイントのための丸窓


# by core1808 | 2006-09-05 21:02 | 建築 | Trackback | Comments(0)
2006年 09月 04日
みしまの川 
源兵衛川 “2006夏
この川の流域は、農林水産省事業の指定を受け、1995年親水公園として再生しました。
川遊びが大好きな子ども時代を過ごし(1年中、川で遊び)、最近では川で遊ぶ子どもをあまり見かけませんでした。
写真のゾーンは、子どもが川に降りザブザブと歩きながら下流に向かう、また溶岩入りブロックが並び「川のみち」として川の中の散歩道として楽しんでいます。溶岩入りブロックは川の浄化システムの役割も果たします。
c0087349_20275916.jpg
左側のブロックが「川のみち」

c0087349_20283245.jpg
川辺に浜降り木製デッキ、素足になって川の流れを感じる

c0087349_20334652.jpg
源兵衛川の2ゾーン部分計画図



c0087349_20403252.jpg
c0087349_2036395.jpg

「川のみち」の仕掛け



季節の果物
c0087349_20465456.jpgカミサンの知人から梨が届きました。富山市の呉羽梨は、夏の名物果物です(梨を使った最中のお菓子も有名)。早速、冷やしていただきました・・・・・おいしかった・・・・毎年ありがとうございます。

# by core1808 | 2006-09-04 21:00 | まちの風景 | Trackback | Comments(0)
2006年 09月 03日
西伊豆-沼津の海
 残暑厳しい毎日と言いたいですが9月に入り過ごし易い毎日です。
夏が終わろうとしていますが、今年はまだ愛犬「はな」は泳いでいません。
今日は「はな」とともに海遊びをしてきました。
c0087349_1763344.jpg
シーカヤック(カヌー・・?)の練習をしていました。

c0087349_17755.jpg
正面の桟橋は昨日、和歌山沖で沈没した客船「スカンジナビア」が以前に停泊していました。


c0087349_1772916.jpg海が大好きな「はな」の今年の初泳ぎ(これで風邪引かないように・・・・・・。)


c0087349_1774647.jpg海へ行く途中の風景、稲がだいぶ大きくなりました。

# by core1808 | 2006-09-03 17:26 | 自然の風景 | Trackback | Comments(0)
2006年 09月 02日
木造住宅耐震精密診断-F邸
本日、F邸の耐震精密診断を実施しました。
昭和51年に完成した木造住宅です。当時は建築確認申請には壁量の構造計算書は添付の必要が無かったようです。
筋かいの確認をしたところ問題がありました。筋かいの入れ方について、1間(1,820㎜)の壁は良かったですが半間(910㎜)の壁については筋かいが柱の途中に取付けてありました。本来筋かいは梁と柱の交点に取付けなければなりません。(木材の材料寸法の関係・・・・?)筋かいとしては機能しません。
補強計画は半間の壁は筋かい無しで検討します。
c0087349_20365539.jpg
押入等から天井裏に入り構造部分の確認をします

c0087349_20383477.jpg
2階小屋組み部分の確認(小屋組筋かいがありません)

c0087349_2040579.jpg
筋かいは、左側側面は正しく入っていますが
正面壁の筋かいは柱の途中に取付けてあります。


# by core1808 | 2006-09-02 21:01 | WORKS-耐震 | Trackback | Comments(0)
2006年 09月 01日
防災の日
9月1日は防災の日です。毎年この日は三島市総合防災訓練が実施されます。
今日は雨・・・・・・・・、しかし予定通り、地震被災建築物応急危険度判定士として
集まり模擬訓練をおこないました。
応急危険度判定は、地震被災建築物その後の余震等による危険性をできる限り
速やかに判定し、被災建築物の使用にあたつての危険性を情報提供することに
より、二次的災害を防止することです。
市で用意してくれた木造住宅・・・・・・・・・?の判定を行いました。
c0087349_1652371.jpg
応急危険度判定士のテント

c0087349_16554614.jpg
判定の模擬訓練

c0087349_16565247.jpg
判定結果を建物に表示するカード
左から調査済、要注意、危険のカードで色分けになっています。
カードには建物名称、注記、整理番号、判定日時を記入するようになっています。


防災訓練風景
c0087349_17191039.jpg車の上に何本かの木が倒れ、消防による救出訓練です。

c0087349_17193128.jpg車がフロントガラスからきれいに真直ぐ切れるものですね

c0087349_17201820.jpg
看護師の方が赤ちゃんを・・・・息が、よく見るとお人形です。

c0087349_17292496.jpg新型ワンタッチテント、良くなりました。


おまけ:「はな」の誕生日
c0087349_836567.jpg
わが家の愛犬「はな」が今日で5才です。(チワワ)               2001年インターネットで関西のブリーダーと出会い(まだ例のコマーシャルが流行る前です。)、生後50日までメールでやりとり、新幹線で東京駅まで、それから静岡へ帰宅、彼女にとっては長旅でした。
上の写真は生後10日ぐらい、下はわが家に来る頃です。

c0087349_8372040.jpg

# by core1808 | 2006-09-01 17:52 | 地震や耐震の話 | Trackback | Comments(0)
2006年 08月 31日
夕日
今日は良い天気でした。日中は残暑が厳しいですが、朝晩だいぶ涼しくなってきました。
事務所の窓からの夕日を撮りました。おまけに昔撮った朝日の写真もありました。
c0087349_2013880.jpg

手前はJR東海道本線の電線です。

c0087349_20133278.jpg

東海道本線にちょうど夕日を背に貨物が・・・。
事務所から電車が良く見えます、鉄道ファンにとっては最高です。

c0087349_20191667.jpg
おまけの朝日:事務所東側窓より(遠くに見える山は箱根)
2005年4月撮影

c0087349_2022251.jpg

昨年10月愛知県の西浦町に行ったとき三河湾に沈む夕日です。


# by core1808 | 2006-08-31 20:34 | 自然の風景 | Trackback | Comments(0)
2006年 08月 30日
手作りヨーグルト
10年ぐらい前に友人から手作りヨーグルトのタネ(説明書のコピー付)をもら
いました。
それ以来わが家の食卓には毎朝ヨーグルトを欠かせないようになりました。
説明書には「ヨーグルトのいきさつ」が次のように書かれていました。

このヨーグルトは京都大学の家森教授(当時、島根医大教授 専攻病理学)
が、カスピ海沿岸の長寿村を調査された際、同地から持ち帰ったものもので
す。それを、京都大学の小西教授(専攻解剖学)が譲り受け、更に小西教授
から申田氏ヘ分けてもらったとの事です。

牛乳メーカーにより味が違います。最近では生協(CO-OP)か地元の丹那
牛乳のパック牛乳を使用しヨーグルトを作っています。
毎朝のヨーグルトに必ず入れるもの、ブルーベリーとハチミツそしてクコの実
(目の病気をしてから加わった)です。ブルーベリーはこの時期、隣の函南町
のフレッシュなものが手に入ります。
ハチミツは近所のハチミツ屋さんを愛用しています。店内に花の写真があり
(名前がハコネウツギ)その花のハチミツを主に採取しているとの事でした。
ハコネウツギと言っても箱根には生息してないようですね、どうしてこの名前
なんでしょう・・・・・・・・???

c0087349_5111269.jpg













今日のヨーグルトの中身:リンゴとブルーベリー

c0087349_5131614.jpg













ヨーグルトの上がクコの実(やわらかくしたもの)とハチミツ

c0087349_517275.jpg
愛用のハチミツ

c0087349_5181931.jpg
ハコネウツギの説明写真

# by core1808 | 2006-08-30 05:24 | 食べる話 | Trackback | Comments(0)
2006年 08月 29日
大きなテーブル
昨年カミサンの両親と同居のためのリフォームを機会に以前から
ほしかった無垢の大テーブルを購入しました。
インターネットで長野の家具工房を知り、気に入った作品を元に
テーブルの制作を依頼しました。
打合せはメールで、図面の確認(主に寸法)そして送られたテーブル
の組み立て。
今では家族にとって生活の中心の場となりました。

c0087349_42212100.jpg













ダイニングテーブル5261 サイズオーダー
250cm×90cm 高さ70cm
材質 ウォールナット
仕上げ オイル
その他 椅子は予算の関係でとりあえず再使用

c0087349_22445889.gif

制作確認図面(工房より送られた図面)

家具工房HPのコメント
天板の長さが250cmになるのに対応するために、天板を支える部材を1本増やし、天板も厚くすることにしました。
図面上では、天板の厚さが35mmと書いてありますが、「材料のコンディションによって、もう少し厚めに仕上がる場合があります」というようにNさんにはお伝えしました。
実際は40mmほどの厚さで仕上がりました。

# by core1808 | 2006-08-29 22:58 | 家具 | Trackback | Comments(0)
2006年 08月 28日
みしまの湧水2
 みしまの湧水の写真パート2です。
みしまのいろいろな池(湧水源)や川の近くに水神が祀られています。
c0087349_948235.jpg

白滝公園の水神さん

c0087349_19511492.jpg
c0087349_19515042.jpg

路地を流れる湧水

c0087349_94851100.jpg

桜川のミニチュア水車
c0087349_1957286.jpg
 
1960年頃 市内の池で水遊びをする子どもたち(湧水が豊富な時代)

「はやびん」というガラスのビンにだし粉をいれ、ポイントに置き魚をとりました。各家庭にも湧水池があり、川や池に流れ込み、色々な生物が生息しました。かってはホタルも住んでいました。楽しい思い出や、痛かった思い出(割れたガラスのかけらで足を怪我したり)、みしまの子どもは水と仲良しでした。

# by core1808 | 2006-08-28 20:04 | まちの風景 | Trackback | Comments(0)