2006年 10月 06日
低温着火 台所ガスコンロ壁内の火災
以前リフォームを行なった住宅での事でした。
台所のガスコンロのバック壁を解体し驚きました。
石膏ボードの裏面、断熱材(グラスウール)の紙の部分が黒く焦げていました。
幸い、間柱の木部は焦げていなかったため、火災を免れたかもしれません。
建物は築30年の木造、壁の構成は、仕上げ半磁器タイル、下地は石膏ボード、
内部(外壁面)に断熱材(グラスウール)をいれてありました。
一時消防関係で問題になった壁内の火災です。詳細を調べてみました。

木材に2OO~3OO℃程度の熱を加え続けると、水分が蒸発し乾燥状態となり、同時に加熱による熱分解が起こり木材に含まれる酸素、水素などがなくなり、炭素だけが残ったΓ炭化」状態になります。
炭化した木材(通常木材の発火は45O℃)は、わずか2OO~3OO℃程度で発火する場合があります。この現象を「低温着火」といいます。
また、石膏ポードには約2O%の結晶水が含まれており、熱が加わると、その結晶水の分子が熱を外に逃がします。しかし長時間熱が加えられ結晶水が全て無くなると、熱を伝えにくい性質が失われてしまいます。(石膏ボードは燃える事はない。)
石膏ポードの断熱効果が低下し、コンロの熱が高温のまま壁内部に到達し、その熱で木部の柱等が「炭化」し、さらに「低温着火」を引き起こします。

■ 「低温着火」が起きやすい場所
・築1O年以上の住宅の台所で、ガスコンロ、オーブンレンジの近くの壁内
・飲食店のキッチンで、火力の強いコンロの近くの壁内
・天井埋め込み型照明が断熱材等で覆われている箇所
■ 「低温着火」の防止対策
・ガスコンロを壁から15㎝以上離す。
・大きいナべや長時間の煮込みは壁から離れたコンロを使用する。
 上記2点はナベ周りにガードを置き熱を防ぐ方法もある。
・発熱器具の周囲の壁を触って熱くないか確かめてみる。
 もし熱い場合等は、壁材を取替える等の考慮が必要。
・発熱器具の周囲に断熱材が使われているか確認する。
 断熱材を取除くか、不燃性のものと取替える。

c0087349_501010.jpgc0087349_502532.jpg









間柱の木部は炭化なし、 石膏ボードの裏面
壁面近くにガスコンロの排気口がある

[PR]

# by core1808 | 2006-10-06 05:09 | 雑談 | Trackback | Comments(0)
2006年 10月 05日
みしまの近代建築 三島信用金庫本店
まちの中心に古い銀行建築があります。昭和11年(1936年)4月着工、9月30日落成です。
1998年からの「静岡県の近代化遺産」の調査に重要な建物として報告しました。
鉄筋コンクリ-ト造2階建一部地下1階で屋上には2層の塔屋があります。
延ベ床面積406㎡、屋根は塔屋部分のみ方形銅板葺、他は陸屋根です。
ファサードは、シンメトリーなデザイン、ポーチ部分の古典様式の柱等、
近代の銀行建築の特徴を表しています。
内部は建築当時、1階事務室・応接室・組合長室・金庫室、
2階事務室・会議室・図書室という構成でしたが、増改築が数回行われています。

c0087349_5301434.jpg
昭和11年(1936年)工事中の写真、足場が丸太、養生シートがむしろ
c0087349_53031100.jpg
昭和11年(1936年)6月27日上棟時

c0087349_4304357.jpg
現在の三島信用金庫本店

[PR]

# by core1808 | 2006-10-05 04:32 | 建築 | Trackback | Comments(0)
2006年 10月 04日
土壁
土壁は、断熱性・防火性・調湿性にすぐれた工法です。
古くは奈良時代の寺院建築等に見られ、江戸時代には左官技術による壁仕上げとして
もちいられ、昭和30年代までは身近に行なわれてきました。
下地は、その地域で産する天然の割竹(真竹を四~八つ割り)や小枝をワラ縄で格子状に編み、骨組みにするのが一般的で、小舞下地と言います。(施工方法も各地方により異なる。)

土壁は簡単に言うと、下地から荒壁(あらかべ)、中塗り、上塗りの工事工程になります。
(実際はもっと細かい工程がいろいろあります。)
荒壁は下塗りなので粘り強さが求められ粘土質が用いられます。
(例えば関東では荒木田:田んぼの底土)
塗り始める数ヶ月前に、粘土にワラ(初めは長いもの、終わりに近づくほど短いもの)と
水を混ぜて足で踏みながら練っていきます。
しばらくするとワラが醗酵し繊維が残り、これを2・3度繰り返し、土を作ります。
(ワラは裁断された古畳を用いる場合もあり、土も古い土壁・土塀を再利用しました。)

先日、古い木造の解体現場で土壁を見かけました。
荒壁をサンプルとして採取しました。
土壁は自然の材料を用いた、再利用可能な環境にすぐれた工法で、
最近見直されてきました。
c0087349_815661.jpg
竹で組んであるのが小舞下地、竹の間の土が荒壁
c0087349_821064.jpg
荒壁を採取、ワラが入っている。土壁は再利用できます。

[PR]

# by core1808 | 2006-10-04 08:13 | 建築材料探し | Trackback | Comments(0)
2006年 10月 03日
路上情報 石埋め込み塀
近くの川より拾った石を埋め込んだ塀です。
自力で鉄筋コンクリート造の蔵を建築のIさんが作りました。
町角の名建築の出会いは、これから始まりました。

場所:三島市谷田

c0087349_53258.jpg


メンテナンスのため一時停止いたします
期日:2006年10月4日(水曜日)
時間:1:00AM~6:00AM(最長5時間)
内容:サーバーのメンテナンス
[PR]

# by core1808 | 2006-10-03 05:05 | 路上観察・路上情報 | Trackback | Comments(0)
2006年 10月 02日
三島溶岩
三島市内の公園に見えている岩肌は、約1万年前の富士山の噴火
による溶岩流が、流出範囲の最も遠い三島まで高温で流れてきて、
急激に冷却されたものと言われています。
この溶岩帯は「三島溶岩流」と言われ、岩質は固い玄武岩で、液流下の状態
をよく残した「餅状や縄状」の形をして露出していのは大変珍しいです。
三島溶岩は、多孔質の部分と緻密な部分とがあり、割れ目もまちまちで、
溶岩トンネルも各所にあり、その形状はたいへん複雑です。
三島石とは三島溶岩のことを言い、かつて石積み・敷石・灯寵等に
利用されていました。
新しく整備した公園の床に利用していますが、建材としての再利用が
出来ればと考えています。

c0087349_416305.jpgc0087349_4235488.jpg









公園に見えている「餅状や縄状」の三島溶岩

c0087349_4183975.jpgc0087349_4192561.jpg









古い石積みの三島溶岩        公園の床に利用した三島溶岩

[PR]

# by core1808 | 2006-10-02 04:28 | 建築材料探し | Trackback | Comments(0)
2006年 10月 01日
日曜閑話 迷惑メール
何年か前から迷惑メールが入るようになって来ました(--メ)
それが、昨年から一日20から30件、迷惑メールとの戦いが始まりました。
毎日、チェックに削除・・・・・・・・日に日にメールが増えていきます。
7月号の建築知識の「パソコン/大人の質問箱」という連載の第1回が
「迷惑メール撃退のイロハ」でした。
その中で、メールチェックソフト「MailPeeper」(シェアウェア)と出会いました。
さっそくインターネットで調べインストール、新しい武器での
迷惑メールとの戦いが始まりました・・・・・!
迷惑メールを登録してビックリ・・・・・・世界中の国々からメールが入っていました。
現在のアドレスは気に入っているし・・・・・・・・・?
今では登録メールが5,000件近く、戦いはまだまだ続いています。
c0087349_16561689.jpg


c0087349_16552214.jpg先日、東海道本線のガードの下で露草の花を見かけました。
[PR]

# by core1808 | 2006-10-01 16:59 | 雑談 | Trackback | Comments(0)
2006年 10月 01日
1週間 まちの風景
鉄柱とカーブミラーとお地蔵さん
c0087349_603728.jpg

大きな木の下の製麺屋さん
富士湧水で作った、うどん・そうめん・そば・・・・・・・・。
徳用袋入りが安い、乾麺だが、とろろ蕎麦は旨かった。
c0087349_652017.jpg

失われる看板建築
映画のセットではありません・・・・・!
また、みしまのまちから看板建築が消えてゆきます。
c0087349_664551.jpg

c0087349_683070.jpg

[PR]

# by core1808 | 2006-10-01 06:13 | まちの風景 | Trackback | Comments(0)
2006年 09月 30日
町角でみつけた自力の名建築 I邸kura蔵“1955
ルドフスキーの名著「建築家なしの建築」は、世界中の風土的建築を紹介しています。
序文で
本書<建築家なしの建築>は、これまで建築史の正系から外れていた建築の未知の世界を紹介することによって、建築芸術についでの私たちの狭い概念を打ち破ることを目指している。これらの建築物はあまりにも知られていないので、適当な呼び名すらない。
包括的に言いあらわす用語がないので、私たちはそれらの建築を各々の状況に応じて、
風土的〔venacular〕、無名の〔anonymous〕、自然発生的〔spontenous〕、
土着的〔indigenous}、田園的〔rural〕などと言いあらわすことになる。 

数年前ブロック塀調査の際、気になる建物を見かけました。
昨日、その建物の近くに行く事があり、思い切って訪ねてみました。
目的の建物も当時見たままでした。(鉄筋コンクリート造2階建の倉庫・・・・・?)
早速、所有者Iさんに話を聞き・・・・・・・、驚きました!!
昭和30年(1955年)、Iさんはそれまで在った江戸時代からの古い蔵を壊し、
自力で鉄筋コンクリート造の新しい蔵を作る計画をたてました。
建築には素人のIさんは当初、円形平面の蔵を考えていました。
ところが、近くに円柱状の汚水処理施設ができ、平面を小判型に計画変更しました。
屋根は中央をかまぼこ型、両サイドを陸屋根にしました。
また、当時サラリーマンだったIさんは給料ごとにまとめてセメントを購入したそうです。
もちろん、鉄筋は9㎜を組み、型枠を組み、コンクリートは現場手練で打ち込み、
すべて自力で工事を行いました。
正面から見ると全体の形がシンメトリーな建物ですが、2階の窓は意識して左右違う大きさにしたようです。また、コンクリートの窓枠が建物のアクセントになっています。
内部は全てコンクリート打ち放しのまま、電気設備等はありません。
2階の小さな窓から光が入り、古くて新しい空間・・・・・不思議な空間体験でした。

ルドフスキーの分類だと「無名の〔anonymous〕」という言いあらわしになりますが、
この建物から、新鮮な、不思議な、感動を得る事が出来ました。
c0087349_4271316.jpg
正面の外観

c0087349_4273364.jpgc0087349_4275248.jpg








正面2階の窓           建物出入り口

c0087349_4282988.jpgc0087349_4285326.jpg













側面R部分外観        裏側の外観
c0087349_4592389.jpg
正面に家紋、お盆と芋(野菜)で型枠を作ったそうです。

c0087349_440583.jpg
内部2階アール屋根部分

c0087349_4403432.jpgc0087349_4421052.jpg








階段          2階側面窓


c0087349_4473455.jpg階段を上がり、2階アール部分
[PR]

# by core1808 | 2006-09-30 04:57 | 建築 | Trackback | Comments(0)
2006年 09月 29日
みしまの温泉
みしまには温泉が、昭和11年頃から開業している竹倉温泉と
ゴルフ場で温泉がでた湯郷三島(比較的新しい)の2ヶ所あります。
先日、久しぶりにカミサンとゴルフ場の温泉に行って来ました。
経営が変わり全国温泉チェーンの湯郷「三島」になっていました。
料金は3時間800円(夜6時以降は600円で22時まで営業)でした。
露天風呂は、残念ながら曇で富士山は見えませんでしたが
駿河湾が一望できとても気持ちの良い眺めでした。
泉質はアルカリ性単純温泉、この頃消毒の臭いがする温泉が多いいですが、
臭いのないサラサラした良い温泉でした。
温泉のPRになりましたが・・・・・・のんびりしたひと時でした。
c0087349_5281479.jpg
露天風呂と富士山の眺め
c0087349_5282675.jpg
夜の駿河湾方向の眺め
温泉のパンフからの写真です。


c0087349_5301857.jpgc0087349_5304122.jpg

c0087349_5341774.jpg風呂上りは、もちろんビールと近くの有名ケーキ屋さんのシュークリームです・・・・・・・?
[PR]

# by core1808 | 2006-09-29 05:40 | 雑談 | Trackback | Comments(0)
2006年 09月 28日
木造耐震補強工事-F邸
現在、F邸の補強工事を行っています。昨日は、小屋組関係の補強です。
現場にて工事の確認等打合せをしました。
小屋組関係は、次のような補強項目を実施しました。
・小屋組筋かいを取付ける。
・小屋部分に金物を取付ける。
・火打ち材を増設する。
耐震の総合評点には、直接関係ありませんが重要な工事です。

c0087349_4455054.jpgc0087349_446916.jpg








小屋部分の補強関係

c0087349_4464762.jpgc0087349_4471017.jpg








筋かい増設(左側:既存筋かい、右側:新設筋かい)、HD金物の取付け


c0087349_4502460.jpg筋かい取付け部分に電気配線がある場合、
配線の付替えルート変更します。








施工:松永工務店
[PR]

# by core1808 | 2006-09-28 04:54 | WORKS-耐震 | Trackback | Comments(0)