2006年 09月 02日
木造住宅耐震精密診断-F邸
本日、F邸の耐震精密診断を実施しました。
昭和51年に完成した木造住宅です。当時は建築確認申請には壁量の構造計算書は添付の必要が無かったようです。
筋かいの確認をしたところ問題がありました。筋かいの入れ方について、1間(1,820㎜)の壁は良かったですが半間(910㎜)の壁については筋かいが柱の途中に取付けてありました。本来筋かいは梁と柱の交点に取付けなければなりません。(木材の材料寸法の関係・・・・?)筋かいとしては機能しません。
補強計画は半間の壁は筋かい無しで検討します。
c0087349_20365539.jpg
押入等から天井裏に入り構造部分の確認をします

c0087349_20383477.jpg
2階小屋組み部分の確認(小屋組筋かいがありません)

c0087349_2040579.jpg
筋かいは、左側側面は正しく入っていますが
正面壁の筋かいは柱の途中に取付けてあります。

[PR]

# by core1808 | 2006-09-02 21:01 | WORKS-耐震 | Trackback | Comments(0)
2006年 09月 01日
防災の日
9月1日は防災の日です。毎年この日は三島市総合防災訓練が実施されます。
今日は雨・・・・・・・・、しかし予定通り、地震被災建築物応急危険度判定士として
集まり模擬訓練をおこないました。
応急危険度判定は、地震被災建築物その後の余震等による危険性をできる限り
速やかに判定し、被災建築物の使用にあたつての危険性を情報提供することに
より、二次的災害を防止することです。
市で用意してくれた木造住宅・・・・・・・・・?の判定を行いました。
c0087349_1652371.jpg
応急危険度判定士のテント

c0087349_16554614.jpg
判定の模擬訓練

c0087349_16565247.jpg
判定結果を建物に表示するカード
左から調査済、要注意、危険のカードで色分けになっています。
カードには建物名称、注記、整理番号、判定日時を記入するようになっています。


防災訓練風景
c0087349_17191039.jpg車の上に何本かの木が倒れ、消防による救出訓練です。

c0087349_17193128.jpg車がフロントガラスからきれいに真直ぐ切れるものですね

c0087349_17201820.jpg
看護師の方が赤ちゃんを・・・・息が、よく見るとお人形です。

c0087349_17292496.jpg新型ワンタッチテント、良くなりました。


おまけ:「はな」の誕生日
c0087349_836567.jpg
わが家の愛犬「はな」が今日で5才です。(チワワ)               2001年インターネットで関西のブリーダーと出会い(まだ例のコマーシャルが流行る前です。)、生後50日までメールでやりとり、新幹線で東京駅まで、それから静岡へ帰宅、彼女にとっては長旅でした。
上の写真は生後10日ぐらい、下はわが家に来る頃です。

c0087349_8372040.jpg
[PR]

# by core1808 | 2006-09-01 17:52 | 地震や耐震の話 | Trackback | Comments(0)
2006年 08月 31日
夕日
今日は良い天気でした。日中は残暑が厳しいですが、朝晩だいぶ涼しくなってきました。
事務所の窓からの夕日を撮りました。おまけに昔撮った朝日の写真もありました。
c0087349_2013880.jpg

手前はJR東海道本線の電線です。

c0087349_20133278.jpg

東海道本線にちょうど夕日を背に貨物が・・・。
事務所から電車が良く見えます、鉄道ファンにとっては最高です。

c0087349_20191667.jpg
おまけの朝日:事務所東側窓より(遠くに見える山は箱根)
2005年4月撮影

c0087349_2022251.jpg

昨年10月愛知県の西浦町に行ったとき三河湾に沈む夕日です。

[PR]

# by core1808 | 2006-08-31 20:34 | 自然の風景 | Trackback | Comments(0)
2006年 08月 30日
手作りヨーグルト
10年ぐらい前に友人から手作りヨーグルトのタネ(説明書のコピー付)をもら
いました。
それ以来わが家の食卓には毎朝ヨーグルトを欠かせないようになりました。
説明書には「ヨーグルトのいきさつ」が次のように書かれていました。

このヨーグルトは京都大学の家森教授(当時、島根医大教授 専攻病理学)
が、カスピ海沿岸の長寿村を調査された際、同地から持ち帰ったものもので
す。それを、京都大学の小西教授(専攻解剖学)が譲り受け、更に小西教授
から申田氏ヘ分けてもらったとの事です。

牛乳メーカーにより味が違います。最近では生協(CO-OP)か地元の丹那
牛乳のパック牛乳を使用しヨーグルトを作っています。
毎朝のヨーグルトに必ず入れるもの、ブルーベリーとハチミツそしてクコの実
(目の病気をしてから加わった)です。ブルーベリーはこの時期、隣の函南町
のフレッシュなものが手に入ります。
ハチミツは近所のハチミツ屋さんを愛用しています。店内に花の写真があり
(名前がハコネウツギ)その花のハチミツを主に採取しているとの事でした。
ハコネウツギと言っても箱根には生息してないようですね、どうしてこの名前
なんでしょう・・・・・・・・???

c0087349_5111269.jpg













今日のヨーグルトの中身:リンゴとブルーベリー

c0087349_5131614.jpg













ヨーグルトの上がクコの実(やわらかくしたもの)とハチミツ

c0087349_517275.jpg
愛用のハチミツ

c0087349_5181931.jpg
ハコネウツギの説明写真
[PR]

# by core1808 | 2006-08-30 05:24 | 食べる話 | Trackback | Comments(0)
2006年 08月 29日
大きなテーブル
昨年カミサンの両親と同居のためのリフォームを機会に以前から
ほしかった無垢の大テーブルを購入しました。
インターネットで長野の家具工房を知り、気に入った作品を元に
テーブルの制作を依頼しました。
打合せはメールで、図面の確認(主に寸法)そして送られたテーブル
の組み立て。
今では家族にとって生活の中心の場となりました。

c0087349_42212100.jpg













ダイニングテーブル5261 サイズオーダー
250cm×90cm 高さ70cm
材質 ウォールナット
仕上げ オイル
その他 椅子は予算の関係でとりあえず再使用

c0087349_22445889.gif

制作確認図面(工房より送られた図面)

家具工房HPのコメント
天板の長さが250cmになるのに対応するために、天板を支える部材を1本増やし、天板も厚くすることにしました。
図面上では、天板の厚さが35mmと書いてありますが、「材料のコンディションによって、もう少し厚めに仕上がる場合があります」というようにNさんにはお伝えしました。
実際は40mmほどの厚さで仕上がりました。
[PR]

# by core1808 | 2006-08-29 22:58 | 家具 | Trackback | Comments(0)
2006年 08月 28日
みしまの湧水2
 みしまの湧水の写真パート2です。
みしまのいろいろな池(湧水源)や川の近くに水神が祀られています。
c0087349_948235.jpg

白滝公園の水神さん

c0087349_19511492.jpg
c0087349_19515042.jpg

路地を流れる湧水

c0087349_94851100.jpg

桜川のミニチュア水車
c0087349_1957286.jpg
 
1960年頃 市内の池で水遊びをする子どもたち(湧水が豊富な時代)

「はやびん」というガラスのビンにだし粉をいれ、ポイントに置き魚をとりました。各家庭にも湧水池があり、川や池に流れ込み、色々な生物が生息しました。かってはホタルも住んでいました。楽しい思い出や、痛かった思い出(割れたガラスのかけらで足を怪我したり)、みしまの子どもは水と仲良しでした。
[PR]

# by core1808 | 2006-08-28 20:04 | まちの風景 | Trackback | Comments(0)
2006年 08月 27日
日曜閑話 河井寛次郎[仕事]拓本
 階段の壁に20年ぐらい前に購入した「河井寛次郎[仕事]拓本覆刻」が掛けてあります。
説明のパンフによると、河井寛次郎が、「仕事」に対する思いを拓本にして表現したのは、昭和25年の9月で、彼が60歳の時でした。
日頃心に止める大好きな言葉です、紹介したいと思います。(ブログで縦書きの表現が分からないので横書きです・・・・・・すいません。)

c0087349_17594873.jpg
河井寛次郎[仕事]拓本覆刻

仕事が仕事をして
     ゐます
仕事は毎日元気です
出来ないことのない仕事
どんな事でも仕事は
       します
いやな事でも進んで
       します
進む事しか知らない
        仕事
びつくリする程力出す
知らない事のない仕事
きけば何でも教えます
たのめぱ何でもはた
        します
仕事の一番すきなのは
くるしむ事がすきな
        のだ
苦しい事は仕事に
       まかせ
さあさ吾等は
    たのしみましょう
      
河井 寛 

c0087349_1842431.jpg今日は久しぶりに「はな」の散歩に付き合いました
[PR]

# by core1808 | 2006-08-27 18:05 | 雑談 | Trackback | Comments(0)
2006年 08月 26日
世界の名作椅子-デザイナーズチェア1/12
 建築関係のブログで世界の名作椅子模型(1/12縮尺)が販売されているのを知りました。
椅子のコレクッションをしたいとかねがね思っていましたが、デザイナーズチェアは非常に高価なものが多く、公共施設等に置いてある物で・・・・・。
デザイナーズチェア1/12サイズミニチュアシリーズは現在Vol.1~3まで出ています。
                                       (各9種類がセットで)
先日、上京した際にとりあえずVol.1を購入しました。(Vol.2も引き続き)
細かく見ると・・・・・・・でもまあまあです。(赤ペンと大きさを比較)
c0087349_10313467.jpg
5種類並べてみました。手前左側のミースのバルセロナ・チェア(1929年)、中央リートフェルトのレッド&ブルー・チェア(1928年)は特に建築家の椅子として有名です。

c0087349_1036835.jpg左側の写真は1976年パリの近代美術館に展示してあったリートフェルトのレッド&ブルー・チェアです。近代美術館は現在ポンピドーセンターに移っていますが、非常に懐かしいです。(恥ずかしながら新婚旅行で・・・・・・。)

c0087349_10414263.jpgリートフェルトというとシュレーダー・ハウスが代表作ですが、近代住宅の一つとして世界遺産に指定されました。知人が『Schroder House 』(バナナブックス:写真;宮本和義氏 文;栗田 仁)を出版されましたが、写真・図面・解説等とてもわかりやすく良い本です。
[PR]

# by core1808 | 2006-08-26 11:01 | 家具 | Trackback | Comments(0)
2006年 08月 25日
西伊豆ー土肥の海
 昨日から税務の研修会で西伊豆土肥温泉に行って来ました。
去り行く夏の風景を撮ってきました。

c0087349_13445487.jpg

         西伊豆はスキューバダイビングのポイントとして有名です。


c0087349_13523626.jpg入門コースの生徒たちが練習をしていました。


c0087349_13542743.jpg

        清水港から駿河湾を渡りフェリーが入港しようとしています。


c0087349_13574958.jpgおみやげは土肥名物の盛田屋の「ところてん」です。     食べるのが楽しみです。
[PR]

# by core1808 | 2006-08-25 14:02 | 自然の風景 | Trackback | Comments(0)
2006年 08月 24日
表参道ヒルズー同潤会青山アパート再生
久しぶりに上京し、時間があったので、表参道の新しいランドマークとして生まれた「表参道ヒルズ」を見てきました。残念ながら22・23日と休館で中には入れず、表参道と同じ勾配のスロープで設計された吹抜け大空間は体験することが出来ませんでした。
以前、表参道のランドマークとしては同潤会青山アパートがありました。
同潤会青山アパートは、わが国初の近代的な集合住宅の一つとして1927年に完成しています。(関東大震災復興策として(財)同潤会が都内数ヶ所に同潤会アパートを建設)
今回の計画を聞き、長年いろいろな人たちに愛され、親しまれた同潤会アパートが無くなるのが残念でした。ところが以前、建築家の安藤さんの計画案を見る機会があり、同潤会アパートの再生を知りました。設計者として大切なスタンスと思いました。

c0087349_9412211.jpg


c0087349_942637.jpg


同潤会青山アパートの再生

c0087349_9423351.jpg


c0087349_94362.jpg
同潤会青山アパートの再生正面(以前とまったく同じデザイン)


c0087349_9433276.jpg
表参道の裏側より再生部分を見る



c0087349_9524417.jpg
帰り東京駅で「深川めし」の駅弁を買いました。好きで時々買うのですが、本当の「深川めし」は簡単に言うとごはんにあさりの味噌汁をかけたネコマンマです。駅弁の中身は、あさりご飯、焼きあなご、はぜの甘露煮、煮物です。若い人には物足りないかも・・・・・・?(深川めしの素なるものもあるようですね。)
[PR]

# by core1808 | 2006-08-24 10:03 | 建築 | Trackback | Comments(0)