2006年 11月 08日
晩秋 富士山
昨日、低気圧の影響か朝から雨降り、そのうち豪雨となり、暴風のおまけ付でした。
さらに雷が鳴りどうなるかと思いましたが、しばらくして晴天となりました。
午後から建築士会の会議で静岡に行きました。
新幹線三島駅では、積雪が多くなった富士山がとても良く見えました。
建築士会の会議はホテルの9階、何となく外を見ると富士山・・・・・・・!
久しぶりに静岡でも形の違った富士山を見ることが出来ました。
朝のとんだ天気のお陰で空気が澄んで、一日綺麗な富士山を見ることが出来ました。
昨日、近畿地方では木枯らし1号が吹いたようですね。
c0087349_444930.jpg
新幹線三島駅ホームよりの富士山

c0087349_45196.jpg
静岡市内のホテル9階よりの富士山、窓がだいぶ汚れてました。

c0087349_451199.jpg
帰りの新幹線車窓よりの夕映えの富士山

[PR]

# by core1808 | 2006-11-08 04:11 | 自然の風景 | Trackback | Comments(0)
2006年 11月 07日
小上がり座敷 家族の溜り場
住宅計画の一つの手法として「溜り場としての暖を取る空間」を提案しています。
主にリビングの一部に小上がり座敷(4.5帖ぐらいの畳が多い)+堀りゴタツを設けます。
平面計画で考えますと、囲まれたアルコープスペースで計画するのと、
大きなリビングの一部コーナーに計画する、2つのタイプ基本形です。
日常この場は、家族がコミュニュケーションの場、友人とゆっくり話す場、
座って本や新聞を読む場、疲れて帰ってきたお父さんが寝ころぶ場、
いろいろな生活行為が考えられます。
4.5帖のスペースは非常に落ち着くスペースです。
冬の寒い夜は、暖を取りながらゆっくり晩酌を・・・・・・・おじさんですね?
現在計画中の住宅でもダイニングをこの手法を用いています。
今まで設計したいくつかの実例を紹介します。
c0087349_5325679.jpg
E邸 はじめてこの手法で計画した住宅、リビングの一部囲まれたスペースに小上がり座敷
c0087349_533863.jpg
M邸 リビングのコーナーに小上がり座敷ですが、今では家族の中心の場
c0087349_5332024.jpg
S邸 左側がリビングのドアー、接客の空間としても機能
c0087349_5333384.jpg
S邸 リビングの一部コーナーに脇役としての家族の場

[PR]

# by core1808 | 2006-11-07 06:03 | WORKS-住宅 | Trackback | Comments(2)
2006年 11月 06日
海老名サービスエリア
昨日、長男の用事で東京に行って来ました。
帰りの東名高速、下りは空いていましたが上りはすごい渋滞・・・・・・!
3連休の影響か取材のヘリも飛んでいました。
海老名サービスエリアで休憩、結構混んでいました。
丁度、夕陽が沈む時間、マニアックなバイクが並んでいました。
ツーリング族が多く(良い時期ですね。)、バイクの展示場のようでした。
十代の頃、友人のHONDA CBに時々乗せてもらっていたのを思い出しました・・・・・・。
いつものごとく、名物メロンパンを買って帰途に着きました。

c0087349_5345966.jpg
c0087349_5351232.jpg


c0087349_5372136.jpg帰りの都内で、車の中から見た怪奇建築、たしか昔
建築家隈研吾が設計した建物では・・・・・?
[PR]

# by core1808 | 2006-11-06 05:47 | 雑談 | Trackback | Comments(0)
2006年 11月 05日
1週間
わが家の柿木です。
昨年は50個ぐらい生りましたが、今年は3個ぐらい・・・・・?
c0087349_4353662.jpg

町中の昭和初めのコンクリート橋から見た川の流れ。
水がだいぶ少なくなってきました。

c0087349_4355178.jpg

久しぶりに沼津の旧国道1号線を走りました。
右側の風景は千本松原、あいかわらずみごとな松です。
c0087349_436741.jpg

東海道本線の土手で久しぶりにブタクサを見かけました。
長女が小さいときアレルギー検査で先生から「ブタクサの反応が出ています。」
と言われ、長女とカミサン、もう少しロマンチックな花が良いよ(笑)
c0087349_4362967.jpg

11月3日は十三夜です。
昨夜は十三夜翌日の満月です。
c0087349_4364478.jpg

[PR]

# by core1808 | 2006-11-05 04:54 | 雑談 | Trackback | Comments(0)
2006年 11月 04日
エコ周遊カー
11月3日は毎年、三島大通り祭りが開催されます。
三島の中心商店街の通り約500mが歩行者天国になり、
いろいろなイベントや露天のお店が出ます。
毎年、カミサンとぶらぶら、土曜朝市のお店も出店しています。
東海道の名産品、いろいろなお店を覗いていると向こうから見慣れない乗り物・・・・・?
そう、朝刊の地方版で紹介していたエコ周遊カーです。
愛知万博で活躍していた早い話が人力車、ドイツが誕生の地だそうです。
市内のNPO団体が国土交通省から委託を受けた社会実験、
公共交通機関としての可能性を探るとの事ですが、有名観光地には人力車がすでに?
卵形の屋根付き三輪車が何ともユニークな形、乗るほうは勇気がいますね(笑)。
c0087349_559090.jpg
エコ周遊カー
c0087349_8414654.jpg
この乗り物の方がもっとエコかな?


PS いろいろ諸事情で、見やすいようにスキンを変えました。
   今までのブログが多少写真のバランスが悪くなっていますm(__)m
[PR]

# by core1808 | 2006-11-04 05:59 | まちの風景 | Trackback | Comments(0)
2006年 11月 03日
124番地の教員組合の家  “2003中欧
プラハのキュビズム建築です。
プラハ エリシュキ・クラースノホルスケー通り
オタカル・ノヴォトニー設計 1919-1921年に完成。
特徴ある色彩を用いた、後期キュビズム建築の集合住宅です。
c0087349_1622378.jpg
広場に面したファサード
c0087349_16221972.jpg
ファサードの上部 屋根・窓

c0087349_16224230.jpgc0087349_16225690.jpg









ファサードの窓・エントランスのデザイン

c0087349_16231240.jpgc0087349_16233934.jpg













側面上部キュビズム建築を感じさせる壁デザイン   側面の窓のディテール
[PR]

# by core1808 | 2006-11-03 16:43 | 建築 | Trackback | Comments(0)
2006年 11月 03日
黒米ごはん 失敗
先日、友人から頂いた黒米を炊きました。
電気釜にしかけ、炊き上がる直前・・・・・・・・これはちょっと違うかも?
早速、インターネットでしらべてみると、水に数時間浸け、白米にまぜて炊き上げ(^o^;
混ぜる割合は、白米1カップに黒米小さじ1の割合が基準とか、
白米9に対して黒米1の 割合でとか多少の違いがあるようですが・・・・・?
結局、少しかたい、真っ黒なごはんが炊き上がりました。
カミサンに、これはこれで旨い々・・・・・・・!!
正しい黒米は、こちらのHPで見てください。
最終的には急いで白米を炊き混ぜました。
お赤飯みたいでお目出たい、次回は正しい方法で(笑)。

c0087349_5395894.jpgc0087349_5401065.jpg









炊き上がりの真っ黒米  白米と混ぜ、お赤飯のよう



c0087349_9351986.jpgPS 昨日、紹介したオーシャン・ブルーの花が、今朝通りかかると違う色が咲いていました。光線の加減か咲き初めか、とても綺麗な、それこそオーシャンブルーです。
[PR]

# by core1808 | 2006-11-03 05:51 | 食べる話 | Trackback | Comments(0)
2006年 11月 02日
オーシャン・ブルー
秋もだいぶ深まってきましたが、近所に一日中咲いているアサガオがあります。
不気味な感じを受けましたが、よく見ると花がとても綺麗です。
生垣からキンモクセイの木に絡みつき、その長さ・・・・・・・高さは建物の2階分、見事です。
気になったので調べました。
オーシャン・ブルー  ヒルガオ科
別名:ケープタウン・ブルー,クリスタル・ブルー,イリオモテアサガオ(西表朝顔),
リュウキュウアサガオ(琉球朝顔),シュッコンアサガオ(宿根朝顔)
・鑑賞期間  6月中旬-降霜まで花期(かなりの長期間花を楽しめます。)
・亜熱帯原産のノアサガオ(野朝顔)の突然変異亜種
・種はできず,多年草
c0087349_553355.jpg
c0087349_5534572.jpg

[PR]

# by core1808 | 2006-11-02 05:56 | 自然の風景 | Trackback | Comments(0)
2006年 11月 01日
黒いマドンナの家 “2003中欧
2003年に中欧に旅に出ようと決めたのは1999年の芸術新潮11月号でした。
「麗しのプラハ」、プラハの特集でした。
プラハは、19世紀末から、アール・ヌーヴォー、アール・デコ、キュビズム建築の宝庫です。
学生の頃、近代建築史を専攻し学び、以降興味を持ち、建築博物館のようなこの街を訪れ、
近代建築の変遷を見てみたいと思っていました。
プラハのキュビズム建築の代表作「黒いマドンナの家」を紹介します。
1911-1912年
設計:ヨーゼフ・ゴチャール(1880-1945年)
建物のコーナーに黒い聖母像が安置されているため、この名前があります。
チェコ・キュビズム建築について
絵画におけるキュビズム(立体派)は、ピカソ、ブラックらによって歴史上大きな
影響を及ぼしました。
建築においては、キュビズムは大きな運動とはならなかったが、プラハにおいては
「チェコ・キュビズム」として、近代建築の先鞭の役割を担いました。
チェコ・キュビズム建築は、若手の建築家たちが、美術のキュビズムに触発され、
建築のモダニズムに対する実験的挑戦であり、民族主義の形態的な表現でした。
c0087349_918287.jpg

メインの通りからのファサード
c0087349_854399.jpg
c0087349_8541364.jpg
エントランスの両側の柱はチェコ・キュビズム建築の特徴のデザイン
c0087349_856278.jpg
建物のコーナーの黒い聖母像

[PR]

# by core1808 | 2006-11-01 09:07 | 建築 | Trackback | Comments(0)
2006年 10月 31日
池、川や公園の生き物たち
三島の町中で、いろいろな生き物と出会えます。
鴨はもはや渡りを忘れ、一年中常駐しています。
でも、この時期になると増えます・・・・・・・・渡りもいるかも?
鴨と白鷺も仲良しです。
猫は公園でのびのび日向ぼっこしています。
c0087349_5241027.jpg
c0087349_5242099.jpg
c0087349_5243161.jpg
c0087349_5244397.jpg

[PR]

# by core1808 | 2006-10-31 05:28 | まちの風景 | Trackback | Comments(0)