人気ブログランキング |
カテゴリ:食べる話( 572 )

2006年 12月 15日
西浦 青島みかん
沼津の三津へ久しぶりにみかんを買いに行って来ました。
9月中旬、今年初めての露地みかんを紹介しましたが、今はみかんの最盛期です。
現在販売しているのは、青島みかんだけですが、甘くてとても美味しいです。
まさに食べ頃かと思われます。来年3月頃まで楽しめます。
帰りの車の中、この時期紅葉が綺麗に見えたのは異常気象のせいでしょうか?
今日は久しぶりに太陽が顔出しましたが、週末また天気が悪いみたいです。

c0087349_2215077.jpg

c0087349_2221673.jpg

c0087349_2242531.jpg

by core1808 | 2006-12-15 22:13 | 食べる話 | Trackback | Comments(0)
2006年 12月 12日
タンタン麺
今日、昼食は久しぶりにタンタン麺が食べたくなり、先日ブログで紹介した
タンタン麺を食べてきました。
実は、ランチの麺コースになっているので、タンタン面以外にも
美味しいものがいろいろ出てきました。
この店のザーサイは、特にとても美味しいです。
まずは、サラダとザーサイ、えびの揚げ物・・・・・それからタンタン麺です。
辛い・・・・・旨い、辛い・・・・・旨い、辛い・・・・・旨い、最後の汁まで。
最後にタピオカの入った○○風冷たいおしるこ(名前忘れた)のデザート。
とても満足な昼食でした・・・・・・店の入口はまだ紅葉でした。

c0087349_17145916.jpg
c0087349_17152389.jpg

c0087349_17155764.jpg

c0087349_17162560.jpg









向こうの、かみさんのデザートはアンニン豆腐

by core1808 | 2006-12-12 17:25 | 食べる話 | Trackback | Comments(0)
2006年 12月 07日
紅鮭といくら
リィホームの実施設計が進み、事務所での仕事が多くなりました。
この時期、季節の挨拶が届きます。
知人から紅鮭といくらが送られてきました。
長い箱に紅鮭と書かれていましたが、開けてびっくり・・・・・!
頭から尾まで適当な大きさに切って真空パックで冷凍保存です。
袋を開けると直ぐに料理に使えます。
以前、暮れに塩鮭をよく頂きました。
自ら解体切断ショーです、タッパに入れて冷凍保存・・・・お正月用です。
便利になりました、お正月には紅鮭と野菜で石狩鍋です、その前に・・・・・。
鮭と言うといくら、白醤油に漬けたいくらも付いて来ました。
こちらがメインかな・・・・・?
白いごはんでいくら丼・・・・早速美味しく頂きます。
Tさん、有難うございました。

c0087349_2040473.jpg

by core1808 | 2006-12-07 20:41 | 食べる話 | Trackback | Comments(0)
2006年 11月 29日
きみごろも 大宇陀町
奈良の大和高原南端に人口6,800人の大宇陀町があります。
5年前に始めて訪れ、古い町並みと自然、とても美しい小さな町です。
酒蔵、醤油、味噌、家具屋、お菓子屋等、昔から続くお店がいろいろありました。
先日、かみさんが久しぶりに訪れました。
お土産は、大好きな銘菓「きみごろも」です・・・・・!
中身は、メレンゲというかマシュマロみたいな物を卵の黄身で包んだお菓子です。
洋風ですが、味はなぜか和風です・・・・・?(一見、だし巻き卵ですね。)
久しぶりに美味しく頂きました。
全国各地で流行っている合併、こういう町をなくして欲しくないです。

c0087349_4525448.jpgc0087349_4531087.jpg

c0087349_4575170.jpg

c0087349_4584069.jpgc0087349_4585560.jpg
















お菓子屋さんの看板    酒蔵横の水路のある路地(2001年撮影)

c0087349_50062.jpg










道の駅に「まちの歩き方」のパネル、奈良女子大生の卒業制作(2001年撮影)

PS あるブログで見つけました。名古屋の歌・・・・元気ある町ですね。(笑)
   http://www.hi-ho.ne.jp/bassan/gallery-flash/nagoya.swf 
   ぜひ聞いてください。 

by core1808 | 2006-11-29 05:06 | 食べる話 | Trackback | Comments(0)
2006年 11月 26日
もみじの天ぷら
かみさんが京都のお土産にもみじの天ぷらを買って来ました。
高雄山の紅葉は最高に綺麗だったようです。
もみじって食べられるのですね・・・・・・?
もみじの天ぷらを買う際に、おばさん
「道路の向こうのお店の天ぷら試食してごらん。うちのが美味しいのがわかるよ!」
おばさんの方が美味しかったようで買って帰りました。
早速、頂きましたが、天ぷらのころもの味がドーナツ菓子のようで、もみじの味は・・・・・?

c0087349_2351512.jpg

by core1808 | 2006-11-26 23:10 | 食べる話 | Trackback | Comments(0)
2006年 11月 03日
黒米ごはん 失敗
先日、友人から頂いた黒米を炊きました。
電気釜にしかけ、炊き上がる直前・・・・・・・・これはちょっと違うかも?
早速、インターネットでしらべてみると、水に数時間浸け、白米にまぜて炊き上げ(^o^;
混ぜる割合は、白米1カップに黒米小さじ1の割合が基準とか、
白米9に対して黒米1の 割合でとか多少の違いがあるようですが・・・・・?
結局、少しかたい、真っ黒なごはんが炊き上がりました。
カミサンに、これはこれで旨い々・・・・・・・!!
正しい黒米は、こちらのHPで見てください。
最終的には急いで白米を炊き混ぜました。
お赤飯みたいでお目出たい、次回は正しい方法で(笑)。

c0087349_5395894.jpgc0087349_5401065.jpg









炊き上がりの真っ黒米  白米と混ぜ、お赤飯のよう



c0087349_9351986.jpgPS 昨日、紹介したオーシャン・ブルーの花が、今朝通りかかると違う色が咲いていました。光線の加減か咲き初めか、とても綺麗な、それこそオーシャンブルーです。

by core1808 | 2006-11-03 05:51 | 食べる話 | Trackback | Comments(0)
2006年 10月 22日
もなかのアイス
岐阜市内の古い街道で地酒を求め探索していました。
懐かしい店構えのお菓子屋さんが有りました。
好奇心旺盛な仲間と中を覗いていたら、もなかのケースに古い冷蔵庫、
おばさんがもなかのアイスを作っていました。
懐かしさに誘われ店の中へ、常連さんが何種類か12個買っていました。
「ここのアイス美味しいよ。まとめて買い冷凍庫に入れておくの。」
おばさんはアイスを紙の袋に入れ新聞紙で包みました。
「新聞紙が一番とけないの。」とおばさんの話でした。
アイスは1個100円、バニラにあずき、抹茶の3種類です。
早速、全員子供のようにあずきのアイスを注文しました。
程よい甘さと、さわやかな味、子供の頃の味でした。
c0087349_1138334.jpg
店の入口右側がアイスのコーナー、よく見ると手書きの看板
c0087349_11385315.jpg
直径10㎝ぐらいのもなかのアイス
c0087349_1139447.jpg
どこか懐かしい冷蔵庫


by core1808 | 2006-10-22 11:42 | 食べる話 | Trackback | Comments(0)
2006年 10月 15日
静岡おでん
人気店の静岡おでん食べました。
あまり広くない店なので、我々10人で占拠してしまいました。
歴史を感じる女将さん、雰囲気のある店、楽しい一時を過ごしました。
常連のお客さんが多いようです。
おでん以外に串揚げ(特に黒はんぺん)も旨かった。
焼酎は芋と麦のパック2種類、かってに取ります。
支払は、おでんは串の数、飲み物はパックや瓶の数にて確認・・・・・・・安かった。

静岡おでんの五ヶ条があります、静岡おでんを理解できると思います。
1.黒はんぺんが入っている
2.黒いスープ(牛スジ)
3.串にさしてある
4.青のり・だし粉をかける
5.駄菓子屋にある
c0087349_65371.jpg
おでんの店が集まる懐かしい雰囲気のある横丁
c0087349_654883.jpg

c0087349_66054.jpg
手前にあるのがおでんにかけるだし粉、横は串揚げ用ソース、2度付け禁止

c0087349_661366.jpgc0087349_662472.jpg









牛スジ、黒はんぺん、だいこんは特に旨かった 右:焼酎2種類(広島産?)


by core1808 | 2006-10-15 06:17 | 食べる話 | Trackback | Comments(0)
2006年 10月 07日
中華めん いろいろ
支那そば家(佐野実氏のもと)にて修行し開店、
知人の息子さんです、よろしく。醤油ラーメン食べました。

c0087349_0192031.jpgc0087349_0193399.jpg









ラーメン(醤油)もちろん旨いですが、タンメンがお勧めです。
今日は、五目そば、に旨い、旨い(写真の前)・・・・・・・・おっと。

c0087349_0213936.jpgc0087349_0215864.jpg












北部、住宅地の中にある中華レストランの
タンタンめん(辛いのand辛くないの)、いつも辛いの専門。
辛い・・旨い、辛い・・旨い・・・・・・・・癖になる?

c0087349_0234233.jpgc0087349_023587.jpg

by core1808 | 2006-10-07 00:28 | 食べる話 | Trackback | Comments(0)
2006年 09月 23日
おはぎ-お彼岸
お彼岸を向かえるので、お墓の掃除に行き、また昨日おはぎを作りました。
お彼岸について調べてみました。

彼岸とは、仏の理想の世界であるこの世の「向こう岸(浄土)」を意味する言葉です。
煩悩に満ちたこちらの世界を現世、涅槃(ねはん)の世界を死後の極楽浄土ととらえ、
あちらの世界と考えたところから、亡くなった先祖たちの霊が住む世界を「彼岸」と
考えるようになりました。
春分の日・秋分の日ともに、真東から出た太陽が、浄土があるとされる真西に沈む日
であることから始まった、日本独自の行事です。

お彼岸の期間についていつも曖昧でしたが、彼岸の入りからから明けまでの正確な
考え方は次のようです。
春:春分の日を中日に考え前後3日間、
秋:秋分の日を中日に考え前後3日間、  それぞれ1週間となります。

おはぎは市内のあんこ屋(とても旨い)で、つぶ餡とこし餡を買い2種類作ります。
あまから両刀遣いは、おはぎも大好きです。つい食べ過ぎます・・・・・・・・(^o^;

c0087349_5293771.jpgc0087349_5295136.jpg








あんこ2種類1kgと500g買う

c0087349_533161.jpg
こし餡のおはぎ

c0087349_5341468.jpg
市内にあるわが家のお寺、浄土宗 願成寺は、お掃除やお参りの人で賑やかです。


by core1808 | 2006-09-23 05:37 | 食べる話 | Trackback | Comments(0)