2008年 05月 22日
御神木
三島市の北側に耳石神社があります。
豊臣秀吉の時代からすでに存在する神社は、
昔から名前の通り耳の病を治す事で有名な
霊験あらたかな神社です。

境内に大きなシイの御神木があります。
樹齢350年、樹高15m、1985年に三島市指定文化財に
指定されています。

先日久しぶりに訪ねてみると、御神木が迎えてくれました。
まるで何かが住んでいるような木は、色々な時代を見てきました。
最近JR三島駅北側の開発も進みつつあり、緑が消えています。
町の変化をどう見ているのでしょうか・・・・・・・?

c0087349_5344922.jpg

c0087349_5351520.jpg
[PR]

by core1808 | 2008-05-22 05:43 | 自然の風景 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://coreplan.exblog.jp/tb/8901270
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 木造耐震補強計画-F邸      おかしな文字が・・・・・・・看板 >>