2007年 02月 17日
「日本のこれから、日本人のこれから」 藤原 正彦 講演メモ

c0087349_15401318.jpg2月13日(火)三島市民文化会館にて御茶ノ水女子大学教授で
「国家の品格」の著者藤原正彦氏の講演がありました。
以前、「国家の品格」を読み日本人の大切な心を教えられました。
日本人独特の情緒と形、美的感覚の感受性の大切さ、たぶん建築を考える場合でも
同じです、日本人の歴史から学ぶものはいろいろあります。
また、惻隠(そくいん)の情、人を思いやる心、弱者に対する哀れみ、
明治の初め、日本を訪れた外国の知識人が著者に優れた日本人や日本文化について
書いています。
優しさ、人を思いやる心・・・・・・今はどうでしょう?
先日、三嶋大社の講演会において、「日本人のアイデンティティー」について、
アイデンティティーを魂と解釈した中で講師は、伊勢神宮の式年遷宮について
「日本人のアイデンティティー」の確認の為また物質と精神を後世に伝える為、
式年遷宮という形で行なわれていると言っていました。
改革、改革で大切な日本人の心まで変わって来ているのでしょうか?
[PR]

by core1808 | 2007-02-17 15:42 | 雑談 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://coreplan.exblog.jp/tb/5548770
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 建国記念の日      地球温暖化に関する2冊の著書 >>