人気ブログランキング |
2006年 11月 21日
雨の景観
昨日は、久しぶりに一日雨でした。
町の風景の中で美しい「雨の景観」がいろいろな場所で見ることが出来ます。
景観学者小林亨の著書に「雨の景観への招待」という本があります。
雨の景観のことを雨景と言いますが、彼は雨景の解釈と構築を13に分類しています。
・ けぶりと見通し
・ 雨線と雨垂れ
・ 濡れと露
・ 波紋
・ 流水
・ 水溜り
・ 鏡映り
・ 散り敷き
・ シンボル
・ 屋根と軒端の雨音
・ 地面と水面の雨音
・ 体感と嗅感
・ 雨景と味覚

建築設計や町づくりを考える中で、このような要素も組み入れる事で、
さらに深みのあるデザインになると思われます。

c0087349_552836.jpg

















けぶりと見通し 公園内はけやきの落葉が一面でした。

c0087349_554186.jpg


















鏡映り 溶岩スライス敷きの床が違った表情を見せました。

c0087349_555344.jpg

















波紋  吐水と雨の波紋が重なりとても美しい水面でした。

by core1808 | 2006-11-21 05:19 | まちの風景 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://coreplan.exblog.jp/tb/4997409
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< ブログ      フードの話 >>