2006年 10月 27日
ウィーン中央銀行 “2003中欧
2003年に中欧に旅した時の建物探訪の続きです。
かなり昔、建築雑誌で見て強烈な印象が残っていた建物で、
今回の旅で是非見たい建物でした。
オーストリア南部ケルンテン州の出身の建築家ギュンター・ドメニクの
設計で1979年完成です。
ウィーンの宿泊したホテルより近い場所でしたが、中心部より少しはずれた
オフィス街の目抜き通りにありました。
強烈なファサードについて設計者が、育ったケルンテン州のごつごつした岩の多い
谷や山の心象風景をラウンドスケープとして考えたようです。
c0087349_610304.jpg
通りに一際目立つファサード

c0087349_624293.jpg
c0087349_625556.jpg
c0087349_6349.jpg
正面エントランス部分

c0087349_631355.jpg
正面入口横の岩をイメージする壁


c0087349_8524814.jpg周りは静かなオフィス街です。
1月気温が-10℃、晴天でも、
とても寒い一日でした。

PS:北海道日本ハムファイターズ
   優勝おめでとう。
   新庄選手ご苦労様でした。
[PR]

by core1808 | 2006-10-27 06:12 | 建築 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://coreplan.exblog.jp/tb/4813487
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 筋かいの変遷      三島茶碗 >>