人気ブログランキング | 話題のタグを見る
2006年 10月 05日
みしまの近代建築 三島信用金庫本店
まちの中心に古い銀行建築があります。昭和11年(1936年)4月着工、9月30日落成です。
1998年からの「静岡県の近代化遺産」の調査に重要な建物として報告しました。
鉄筋コンクリ-ト造2階建一部地下1階で屋上には2層の塔屋があります。
延ベ床面積406㎡、屋根は塔屋部分のみ方形銅板葺、他は陸屋根です。
ファサードは、シンメトリーなデザイン、ポーチ部分の古典様式の柱等、
近代の銀行建築の特徴を表しています。
内部は建築当時、1階事務室・応接室・組合長室・金庫室、
2階事務室・会議室・図書室という構成でしたが、増改築が数回行われています。

みしまの近代建築 三島信用金庫本店_c0087349_5301434.jpg
昭和11年(1936年)工事中の写真、足場が丸太、養生シートがむしろ
みしまの近代建築 三島信用金庫本店_c0087349_53031100.jpg
昭和11年(1936年)6月27日上棟時

みしまの近代建築 三島信用金庫本店_c0087349_4304357.jpg
現在の三島信用金庫本店


by core1808 | 2006-10-05 04:32 | 建築


<< 低温着火 台所ガスコンロ壁内の火災      土壁 >>