2006年 09月 05日
ハンス・ホラインの窓 “2003中欧
2003年1月友人と共に極寒の中欧(オーストリア・チェコ・ハンガリー:当時はまだ東欧と言っていました。)を旅しました。
オーストリアのウィーンで印象に残った現代建築の一つにハンス・ホラインの建築がありました。ハンス・ホラインは1934年にウィーンで生まれ、オーストリアやアメリカで建築を学んだオーストリアを代表する現代建築家です。

レッティろうそく店 
1965年 ウィーン/コールマルクト通り
c0087349_2028778.jpgファサードにアルミを使用し、シンプルでシンメトリックなデザインで古いウィーンの通りに印象付けています。現在はたしか宝石(アクセサリー??)店です。
c0087349_20293031.jpg
小さな窓は外部から内部への空間の流れを感じ、選ばれた商品が展示してある。


シュリン宝石店2 
1982年 ウィーン/コールマルクト通り
c0087349_20334421.jpgファサードの要素として、木柱・ショーウィンドウ・丸窓を用い「レッティろうそく店」と同じようにシンメトリックなデザインで印象付けています。

c0087349_2057463.jpg
ファサードのポイントのための丸窓

[PR]

by core1808 | 2006-09-05 21:02 | 建築 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://coreplan.exblog.jp/tb/4497598
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< ハンス・ホラインの窓 part...      みしまの川  >>