2006年 12月 24日
クリスマス・イブ
今日はクリスマス・イブの日曜ですが忙しい一日でした。
朝、リィフォームの実施設計とこれからの予定の打合せを行ないました。
施工者への見積もり依頼は年明けになります。
わが家は毎年かみさんが、玄関にクリスマスの飾り付けをします。
今年は娘のプレゼントのサンタの手ぬぐいも飾りました。
壁に飾ってある大きな靴下は、1994年12月16日から一週間イタリアに行った時
夜のローマを散策し、ある広場でクリスマス用品を売っている露天が並び
思わず買ってしまいました。
熱心な浄土宗の檀家ですが・・・・・・(笑)、子供たちが大きくなった今も毎年飾り付けをします。
今、お寺である計画をしていますが、今日も住職にスケッチを届けました。
出来るだけ新しいスタイルの寺院計画をしたいと思いますが地方では難しいですね。

メリークリスマス・・・・・・!
c0087349_5162616.jpg c0087349_5164320.jpg
[PR]

# by core1808 | 2006-12-24 21:34 | 雑談 | Trackback | Comments(0)
2006年 12月 23日
朝市 特別養護老人ホーム
老人関係の施設を始めて設計・監理、昭和57年(1982年)に開園した老人ホームへ
久しぶりに行って来ました。
当時はまだ高齢者に対する設計に対する考え方が確立できていませんでした。
当時の厚生省の考え方も収容施設的なものでした。
現在では、高齢者を考慮した住宅、施設等が当たり前になりバリアフリーに対する
考え方も多くの設計者等に浸透しました。
施設は、開園以来2度の増築で大勢の老人が入所できるようになりました。
毎年暮れに行なわれる朝市が、本日開催されました。
入所者と家族、近隣の人達とのふれあいの場として、いろいろなイベントが行なわれました。
これから団塊の世代が老人になる頃、その後人口が減少し老人が少なくなると・・・・・・?
急激に高齢化した日本の社会そしてその後、別の形で老人問題が出てきそうですね。

c0087349_1956173.jpgc0087349_19562878.jpg

c0087349_19565499.jpgc0087349_1957936.jpg
[PR]

# by core1808 | 2006-12-23 19:58 | 雑談 | Trackback | Comments(0)
2006年 12月 22日
お箸の話
先日の新聞に次の写真の広告が出ていました。
「お箸は人柄ですもの。」というキャプションも最高でした。
忘年会の時期で宴会料理を味わう機会も多いと思います。
普段、何気なくお箸を使っています
お箸の作法にも禁じ手があります。日本の伝統的な風習です。
すべて理解し注意しながら食事をするのは面倒かもしれませんが、
いくつか頭の片隅に入れて、楽しい食事はいかがですか。

お箸の作法の禁じ手を調べました。
刺し箸  お箸を食べ物に突き刺して食べること。
箸渡し  お箸ではさみあげた食べ物をお箸とお箸でやり取りをすること。
ねぶり箸 お箸についたものを口でなめること。
持ち箸  お箸を持っている手で一緒に他の食器を持つこと。
涙箸   お箸の先から汁をぽたぽた落とすこと。
叩き箸  お箸同士を太鼓のばちのようにかんかんと叩くこと。
かき箸  食器のふちに口を当てて、料理をかき込んで食べること。
立て箸  ご飯の上にお箸を突き刺すことは仏箸と言われ、死者の枕元に供えるときだけです。
空箸   お箸を一度料理につけておきながら食べないでお箸を置いてしまうこと。
受け箸  お箸を持ったままおかわりをすること。
込み箸  口に入れた食べ物をさらにお箸で口の奥へ押し込むこと。
振り箸  箸先に着いた食べ物などを振り落とすこと。
移り箸  あれこれと卑しくおかずばかり続けて食べること。
こじ箸  食器に盛られたお料理をかき回して自分の好物を探し出すこと。
迷い箸  どのお料理から食べようかと迷って、料理の上であちこちとお箸を動かすこと。
探り箸  食器の中のお料理をかき混ぜて中身を探ること。
二人箸  一つの食器の上で、二人一緒に同じ料理をはさむこと。
寄せ箸  食器をお箸で手前に引き寄せること
渡し箸  食事の途中なのにお箸を食器の上に渡しておくこと。 
当然、「ご馳走様」という意味になります。
指し箸  お箸で人を指すこと。
くわえ箸 お箸を置かず、お箸から手を離して口にくわえたままにすること。

他にもお箸の持ち方でもいろいろあります。まずは美しく・・・・・・!
今年オープンした和食処のオーナーは、使いやすいお箸にこだわっています。
料理やお店のインテリアが良くてもお箸で・・・・・・?
握りやすく、料理がつかみ易い、とても大切な事ですね。

c0087349_4521651.jpg

c0087349_4524314.jpg
[PR]

# by core1808 | 2006-12-22 04:53 | 食べる話 | Trackback | Comments(0)
2006年 12月 21日
守り柿
今年は柿のはずれ年です。昨年は50個以上、今年は全部で3個です。
3個の内訳ですが、一つは落ちてしまい、一つは味わいました。
そしてもう一つは守り柿です。
毎年、自然への感謝と来年の豊作を願って、必ず一つだけ柿を残します。
わが家は昔からこのような習慣です。たぶん日本の昔からの風習ですね。
正式には、木守り(きまもり)柿と言うようです。冬の季語にもなっています。
守り柿は、必ず鳥たちが食べに来ます。今年もメジロやヒヨドリ?が食べに来ました。
動物への感謝もありますね・・・・・・。

c0087349_642997.jpg
c0087349_645494.jpg


c0087349_651874.jpgPS 最近、寒いせいか「はな」は朝寝坊です。なかなか起きて来ません。(笑)
[PR]

# by core1808 | 2006-12-21 06:07 | 自然の風景 | Trackback | Comments(0)
2006年 12月 20日
路上観察 まちの×風景
隣の沼津市の○○屋敷です。
コレクションの趣味があるのか、マニアックなものが・・・・・?
隣は公園です。住民の心境を考えると複雑ですね。
場所:静岡県沼津市

c0087349_5323030.jpgc0087349_5324240.jpgc0087349_5325325.jpg






ps 一級建築士合格発表
  昨日、一級建築士の合格発表がありました。
  48,301人受験し3,579人合格、合格率は7.4%です。
  来年は建築基準法や建築士法が変わります、試験の内容も変わるのでは?
  また、現在一級建築士が全国で30万人以上います。
  その内の50歳以上が20万人ぐらい・・・・・・。
  将来、一級建築士はかなり貴重な資格になるかもしれません・・・・・・?
[PR]

# by core1808 | 2006-12-20 05:41 | 路上観察・路上情報 | Trackback | Comments(0)
2006年 12月 19日
三島市眺望地点
c0087349_5403159.jpg三島市では眺望地点を9ヶ所指定し、ガイドブックを作成しています。
ガイドブックには交通のアクセスが記載され、各眺望地点には表示板が
設置されています。
眺望地点の指定の考え方が二つあります。
・市街地から富士山の眺望や箱根の山並み景観が得られる地点。
・箱根西麓から市街地や駿河湾のパノラマ景観が得られる地点。

景観法が制定され、三島市も景観行政団体として、いろいろな形で景観に取り組んでいます。
昨日は快晴でした。
雪をかぶった真っ白な富士山がとても綺麗でした。
現在、眺望地点に指定されているのは市街地周辺がほとんどです。
市街地の中心でも富士山や箱根の山並み景観がとても美しく見えるところが何ヶ所かあり、
景観を守るべき動きが必要なのですが・・・・・?

c0087349_5595731.jpg
c0087349_5423972.jpg
c0087349_5574446.jpg
[PR]

# by core1808 | 2006-12-19 06:00 | まちの風景 | Trackback | Comments(0)
2006年 12月 18日
スパゲッティの構造模型
静岡県建築土会青年委員会の主催の学生建築デザイン合同展が開催されました。
工業高校、専門学校の企画展示、建築士会青年委員等の会員の作品が展示され
私も以前展示したパネルを出しました。
合同展の中で「強い構造体を考える」というテーマでワークショップが開かれました。
内容は次の通りです。
概要
学生、生徒、建築土を交えた数人のグループを編成し、お互いにアイデアを
出し合いながら構造模型造りを行う。講評会にて採点、載荷試験を行い、
破壊状況を考察する。
材料 スパゲッティφ1.6㎜‥5本、接着剤
作成条件
・載荷試験のための板(150×150)が載せられる形状とすること。
・構造物として美しいもの。
・大きさは台紙(200×200)からはみ出さないこと。
・高さはH=150以上とすること。
・1人当たり1つ以上のモデルを作成する。
載荷誠験の方法
決められた器の中にビー玉を入れていき、耐えた荷重の大きさを競う。
採点方法
最大重量を考慮したΓ強度部門」と芸術点を考慮した「デザイン部門」の
2点を選出するものとする。

力作ぞろいのスパゲッティの構造模型がそろいました。学生と一緒に考え物を作る、
交流の場として意味の大きなワークショップでした。
雑談で提案したのは、環境を考えるものとして、接着剤も食べられる材料で最後にスパゲッティの
構造体を使った美味しい料理を味わうのは如何でしょうか。(笑)


c0087349_521274.jpg

c0087349_4524369.jpg

c0087349_45327.jpg
[PR]

# by core1808 | 2006-12-18 05:04 | 建築 | Trackback | Comments(2)
2006年 12月 17日
一週間
今週はリィホームの実施設計やいろいろな会の用事で忙しい一週間でした。
忘年会の二次会、友人と久しぶりに大人の店に行きました。
友人はスコッチウィスキーにチョコレート、私はイギリスビールにブルーチーズ。
c0087349_2204564.jpgc0087349_221640.jpgc0087349_2212378.jpg

三島市環境大学で学んでいます。キャンパスは日本大学国際関係学部です。
クリスマスのイルミネーションがとても可愛い綺麗でした。
c0087349_2215574.jpgc0087349_2221061.jpg

公園で思いっきり遊んでいる子供達を見るとホットします。
もうじき冬休みですね。
c0087349_222372.jpg

来年のカレンダーがだいぶ増えてきました。
必要以上は・・・・・・・困りますね?
c0087349_223488.jpg

この花を見ると何となく年末、シクラメンは綺麗な色が多いですね。
c0087349_2232453.jpg
[PR]

# by core1808 | 2006-12-17 22:05 | 雑談 | Trackback | Comments(0)
2006年 12月 17日
ウィーン「ゼツェッション館」 1898年  “2003中欧
1897年因習的で歴史主義的傾向の強いウィーン美術家連盟を脱退したメンバーにより、
新組織「オーストリア造形芸術化連盟ゼツェッション(分離派)」が結成されました。
大衆と積極的に交わり、そしてウィーンの芸術活動の国際化を目標に掲げ、
古き慣例の囲いに風穴をあけ、さらにそれを取り払うべく、芸術界の活性化を図りました。
その拠点が展示館である「ゼツェッション館」です。初代会長の画家クリムトの構想により、
オットー・ワグナーの弟子のJ.M.オルブリッヒが設計し、1898年の11月に開館しています。
ガイドブックで調べ、近くまで行きましたが見つからず、当惑していたときに見えたのが
建物の特徴である金色の植物的装飾のドームです。内部にはクリムトの壁画もありました。

c0087349_5181055.jpgc0087349_5182669.jpg

c0087349_5194036.jpgc0087349_5195739.jpg
















正面玄関の上部には、劇作家ヘルマン・パールの銘句
「時代には時代の芸術を、芸術には芸術の自由を」が刻まれた。

c0087349_5215080.jpgc0087349_522719.jpg













エントランスホール    展示室

c0087349_5241240.jpgc0087349_5244215.jpgc0087349_52510100.jpgc0087349_5255656.jpg






地下の建物模型等の展示室

[PR]

# by core1808 | 2006-12-17 05:33 | 建築 | Trackback | Comments(0)
2006年 12月 16日
食遊市場
三島の隣、清水町にいろいろな事業所の集まった団地があります。
何年か前に小売のお店が集まり、リニューアルし現在「食遊市場」としてにぎわっています。
野菜、魚、お肉、米、乾物、菓子、パン、海苔等いろいろなお店が集まっています。
厳しい社旗情勢の中、飲食関係の人から、一般消費者利用者がいろいろです。
夏の間は、ここに来ると帰りに必ず、100円ソフトクリームを買いました。
市場は、珍しいものや安いものを探すのも楽しみですね。(笑)

c0087349_2334204.jpg

c0087349_23345072.jpgc0087349_23351823.jpg

c0087349_23353759.jpgc0087349_23354947.jpg
[PR]

# by core1808 | 2006-12-16 23:48 | まちの風景 | Trackback | Comments(0)