2006年 09月 18日
日本の音 水琴窟
先日、敷地調査でひさしぶりに水琴窟を見る(聴く)機会がありました。
水琴窟について分かり易い説明が記載されていました。

c0087349_5261116.jpg琴の爪弾きに似た微妙な音色が、水滴によってつくりだされます。
聞く人を夢幻の境地に誘い込む水琴窟は、およそ200年前の文化文政の頃、江戸の庭師によって考案されたと伝えられています。瓶(かめ)を地中に伏せて埋め、瓶の底に開けられた穴から水滴を落下させます。下の方にたまった水の面に落ちる水滴の音が瓶の空間に反響して琴に似た音をつくりだすのです。

c0087349_5275810.jpg20年前、お寿司屋さんを設計した時に店の中に水琴窟を手作りしたのを思い出しました。
施主が、1985年NHKテレビで水琴窟の放送を見て興味を持ち、お店の建て替えと重なり、施主(お寿司屋さん)、設計監理者(わたし!)、施工者、全員の協働のもと完成しました。
資料としては、施主の持っていたテレビ放送のビデオと日本の音研究所の中野之也さんの「水琴窟-構造とその作り方」という本を参考にしました。

完成して思いましたが、水琴窟は生活音の少ない日本庭園に設置するのが一番相応しいと思いました。(みしま駅南口広場にも在ります・・・・・?)
実際の音は「日本水琴窟フォーラム」のHPで聴くことが出来ます。
下記が作成の記録です。

c0087349_5311049.jpgc0087349_531245.jpg








左:設置場所の根切り(床掘り)、右:栗石の敷詰め(18㎝ぐらい)

c0087349_5315597.jpgc0087349_5321827.jpg








左:栗石のつき固め、右:カメの穴あけ(2㎝ぐらい)

c0087349_5323817.jpgc0087349_5382483.jpg








左:サバ土(山砂)の敷詰め(12㎝ぐらい)、右:土のつき固め、レベル(水平)調整

c0087349_539429.jpgc0087349_5392470.jpg








左:カメの設置(農家の水がめ)、右:カメの周りのサバ土の敷詰め(10㎝ぐらい)

c0087349_540215.jpgc0087349_5401752.jpg








カメの周りに割石(砕石)を積む。砕石の外側に砂利を埋める。

c0087349_5405226.jpgc0087349_5494578.jpg








上部を仕上げて水琴窟の完成,水をカメの底より10㎝ぐらい入れる。


休日スペシャルでした。
[PR]

# by core1808 | 2006-09-18 05:55 | いろいろな仕掛け | Trackback | Comments(0)
2006年 09月 17日
スプラウト
何年か前に椎名誠の本にスプラウトという名の栽培野菜が出てきました。
カイワレダイコンみたいな野菜を家庭卓上菜園で育てる話です。
たしか、椎名誠が東急ハンズで栽培キットを買い朝晩に水をやり育てていく
のですが、仕事で旅に行く事になり彼ら(彼女ら・・・・・?)をどうしても連れて
行くことになり、悪戦苦闘する話です。(とにかく朝晩の水をやりですから・・・・・。)
それ以来スプラウトって、どんなものだろうと気になっていました。
何年か前、インターネットでスプラウトの事を調べ、また栽培キットを販売している
農園も知ることが出来ました。
わが家はいろいろ種類がある中、ブロッコリースプラウトを使っています。
豊かな栄養分があり、抗癌作用もあるとの事でわが家はそれ以来の付合いです。
サラダ、味噌汁、酢の物、色々な料理に脇役として登場してきます。
c0087349_6204059.jpg
種まき スポンジの上にパラパラ、霧吹きで水、フタをかぶして温室状態に。

c0087349_6205620.jpg
この時期だと2~3日で発芽します。フタをとり直接水やりです。

c0087349_6212357.jpg
一週間から10日ぐらいで収穫です、まもなく・・・・・・!


c0087349_602937.jpgスプラウトに関する本もいろいろ出ています。サブタイトルに「発芽野菜(スプラウト)に秘められた驚異のパワーとは」興味をそそる本です・・・・・・・「スプラウト健康法」という新書本。
[PR]

# by core1808 | 2006-09-17 06:08 | 収穫 | Trackback | Comments(0)
2006年 09月 16日
温室みかんと露地みかん
昨日、沼津の三津でみかん購入しました。
温室みかんの横に露地みかんがでていました。(今年初めてとか・・・・・・。)
温室みかんは味も良く、甘く、優等生という感じでしたが物足りなさを
感じました。
出たての露地みかんは甘さが足りませんが香りの良さ、多少のすっぱさ
が美味しさを増し、健康優良児という感じでした。
これから、露地みかんが楽しみの季節になって来ます。
西浦みかんの説明です。(JAのPRではありませんが・・・・・・・。)
沼津の西浦・内浦地区で栽培されたみかんは”西浦みかん”と呼んでいます。
品種としては青島温州・寿太郎温州の貯蔵みかんを主力で、9月中旬~10月中旬
が極早生みかんです。
7月から3月までと長い期間、温州みかんを出荷しているそうです。
c0087349_5474979.jpg

c0087349_5482040.jpgc0087349_5483818.jpg









温室みかん----露地みかん

c0087349_5554369.jpg
極早生みかん

[PR]

# by core1808 | 2006-09-16 05:58 | 収穫 | Trackback | Comments(2)
2006年 09月 15日
まち  ○×風景
まちの○
路上市場(青空野菜市)
c0087349_1621285.jpg
まちの生活風景・・・・・・野菜が100円前後、安いですね。


まちの×
□□屋敷
c0087349_1624466.jpg
住人は・・・・・は断熱と遮音には最高と言っているけど・・・・・・?

アーケードとエアコン屋外機
c0087349_21154751.jpg
みしまはアーケードがなくなりつつあります。

[PR]

# by core1808 | 2006-09-15 16:03 | まちの風景 | Trackback | Comments(0)
2006年 09月 15日
みしま駅
みしま駅と富士山   2006年3月撮影
c0087349_5372592.jpg
1998年からの「静岡県の近代化遺産」の調査に参加し、みしま駅についても重要な建物として報告しました。
以下、「静岡県の近代化遺産」総合調査報告書 2000静岡県教育委員会より

c0087349_15503347.jpg東京~神戸間の東海道線が全て開通したのは明治22年(1889)である。東海道線は当初、御殿場経由で箱根山を迂回するように通っていた。鉄道院は、速度の遅い足柄越え東海道線を変更して国府津・熱海・三島・沼津間電化による新線を計画した。その計画の中で丹那トンネル工事は、数々の難工事の後、昭和8年(1933)8月25日、本導坑が貫通し、昭和9年12月1日、開通式が行われた。当時、三島町民は昔ながらの旅人の姿になれて鉄道には無関心であったが、次第に宿泊する客が減りさびれはじめた。三島ではこれを打開するために三島停車場設置委員会が設けられ、請願運動を始めた。
        -省略-
木造平屋建の流れ造りの外観は、中央正面の切妻の大屋根、相似形のポーチの小屋根、いずれも反りのついた独特の屋根は、開業当時のままであるが、内部については数回の改修工事が行われている。また正面切妻部分にデザインされた縦長の小窓の位置も、.建設当時のままである。
[PR]

# by core1808 | 2006-09-15 05:46 | まちの風景 | Trackback | Comments(0)
2006年 09月 14日
緑米(みどりまい)
昨日、車で出掛けた時のことでした。
田んぼの稲穂の色が黒く見えました・・・・・・・一面黒い稲穂?
日照りの関係、それとも病気,それにしては元気な稲穂・・・・・黒米?
看板がありました。「地域特産品づくり古代種緑米栽培水田」・・・・・!

c0087349_5182318.jpg緑米について調べました。
緑米は、赤米、黒米と同様に日本には縄文時代に中国から伝わったとされている古代米です。
現代ではネパールやラオスなどのアジアの国々で多く栽培されています。緑米はもち米ですが、普通のもち米より粘りが強く甘味があるのが特徴です。

c0087349_520937.jpg
c0087349_5202513.jpg


PS 一昨日、H18年度一級建築士の学科合格発表がありました。合格率が約10%、過去最低だそうです。来年6月建築士法が改正されますが変化の時が来たようですね。
[PR]

# by core1808 | 2006-09-14 05:29 | 収穫 | Trackback | Comments(0)
2006年 09月 13日
かまど キッチン・マカロニ
今年の2月オープンしたお店を紹介します。
もともと2軒のお店のオーナーでしたが、諸事情で数年修行の道・・・・
色々な事を経験してみたいとの事でした。

3年ぐらい前に新しい店の相談を受け、レトロな洋食屋さんにしたいとの
希望で設計が始まりました。
日本人の食空間・・・・・日本人と限らず食べる事に関して多くのイメージがあります。
設計を進める中で、食べる・・・・・ごはん・・・・・かまど、というイメージが生まれ、
店にかまどを作る提案をしました。
(残念ながらいろいろな条件で実際には使用できません。)

京都の町屋や武家屋敷にあるような粋なかまどでなく、農家の土間にかってあった
素朴で力強い、ユーモラスなかまどを再現しました。
(アスプルンドの「夏の家」にあるムーミンを思い出す・・・・・暖炉のような?)

施工:㈱イズ工務店(担当 狩野)

c0087349_1020238.jpg
大小2つのかまが乗せられる形にデザインしました。


c0087349_10232473.jpg 駿河平のクレマチスの丘にあるレストランのべんがら色のしゃれた京風かまどです。このかまどは実際に使用し美味しいご飯をお客さんへ。

c0087349_10384258.jpg
熱海のMOA美術館内の「光琳屋敷」にあるかまどです。昭和60年に堀口捨己氏の監修によって「光琳屋敷」の復元が行われました。

c0087349_10444840.jpg京都の町屋写真美術館(京都の写真で有名な水野氏)の通り抜け土間にあったかまどです。最近まで使用していたような感じです。
[PR]

# by core1808 | 2006-09-13 10:59 | WORKS | Trackback | Comments(0)
2006年 09月 12日
「マイ・アーキテクト」 ルイス・カーンを探して DVD
c0087349_9152971.jpgルイス・カーンの映画「マイ・アーキテクト」の存在をインターネット等で1ヶ月前ぐらいに知りました・・・・・・・遅い!(昨年から?)
全国各地で上映されていましたが、情報では東京方面はもうすでに終わっていました。
広島、沖縄とか、なかなかすぐに行ける場所での上映はないようでした。
先日、送られてきた建築学会誌のなかに、「マイ・アーキテクト」9月22日DVD発売決定のパンフが入っていました。
見られないものと諦めていましたが是非購入したいと思います。
以前、日本の弟子である東京大学の建築家の香山先生が、放送市民大学で「ルイス・カーン」について講義されて、特に「光と影」の話は心に残りました。

c0087349_9155737.jpgc0087349_9161359.jpg








読売新聞関係HPで映画の紹介が載っていました。
■ 見どころ
世界的建造物を多数手がけた建築界の巨匠、ルイス・I・カーンの息子が、父親の死の真相に迫るドキュメンタリー。2004年のアカデミー賞の長編ドキュメンタリー賞候補作。
■ ストーリー
1974年3月、NYで“現代建築の巨匠”として知られるルイス・I・カーンの死体が発見される。約30年を経ても父の死を受け入れられずにいる息子ナサニエルは、父を知る人々を訪ねる旅で、自身の出生の秘密まで知ることに。
[PR]

# by core1808 | 2006-09-12 09:18 | 建築 | Trackback | Comments(0)
2006年 09月 11日
自家製なめたけ
料理人の政さんのブログを見て自家製なめたけが簡単に出来ることを知りました。
「自家製なめたけ」と検索するといろいろなブログに作り方が出ていました。
材料は、エノキ、日本酒、味醂、濃口醤油が主ですが、酢やしょっつる又は料理人の政さんは出汁(昆布と鰹節)を使用します。好みによりいろいろな作り方があるようです。
昨日、休日の料理を政さんの方法で作りました。

作り方(料理人の政さん)
1. 出汁(昆布と鰹節)を沸かして醤油を適当に入れ、エノキダケ(適当に切る)を入れて炊く。
2. 煮詰める。味醂を入れて更に煮詰める。
3. 程よく煮詰まったら完成。瓶に入れて冷蔵庫で保存。

一般的には 1. 材料(エノキ、日本酒、味醂、濃口醤油、)を全て鍋に入れ、強火にかける。
c0087349_13145550.jpg

c0087349_13152547.jpg

建築の話ではなく、日曜閑話でした。
[PR]

# by core1808 | 2006-09-11 13:19 | 食べる話 | Trackback | Comments(0)
2006年 09月 10日
熱闘 高齢化ソフトボール
昨日、1年ぶりのソフトボールの試合を富士山の近くの裾野のグランドで楽しんできました。
建築士会の三島の仲間達と(参加者が高齢化社会になり気持ちと身体がばらばら・・・・。)
近隣の裾野、富士と対抗で2試合、暑くてきつい試合でした。
ひさしぶりのキャッチャー、2イニングやりましたがギブアップ・・・・・・・。
試合後のバーベキュー、やはりこちらは最高ですね。
おいしいご当地のお肉、全国的に有名になりつつある富士宮やきそば、・・・・・ビール、焼酎
その他いろいろ。
とうとう帰りは三島駅の近くで二次会でした。
(○○チャンと○○さんはちゃんと帰れたかのかなあ?(心配!))
c0087349_10111857.jpg

c0087349_719946.jpg

c0087349_10113437.jpg

c0087349_1012371.jpg


c0087349_10125368.jpg二次会で飲んだ地元沼津の名酒、高嶋酒造の「白隠正宗」いい酒です。
[PR]

# by core1808 | 2006-09-10 10:15 | 雑談 | Trackback | Comments(0)