<   2007年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

2007年 05月 31日
内部スケッチ 市場町の家
Y邸の増築計画もだいぶ纏まりました。
既存にあわせて増築側も3階建て、同じスケールの建物で計画しました。
1階は新しい家族のお爺ちゃんの為のスペース、既存の2階ダイニングの食事、
3階のお風呂の利用の関係で増築側に住宅用のエレベーターを付けました。
やはり食事は家族皆が楽しいですね、既存のトップライトの付いたお風呂も最高です。
増築側3階は子供達の為のスペース、但し図書ホールは家族で楽しめます。
最後に2階はお父さんの為の民家風のリビングです。置き式の囲炉裏を利用し
くつろぎのスペースです。
基本的な計画が全て纏まり、内部のイメージをスケッチしました。
お施主さんに確認してもらうには、模型よりも分かり易いようです。
手書きが優しいですね・・・・・・・。

c0087349_5141143.jpg
[PR]

by core1808 | 2007-05-31 05:14 | 市場町の家2008 | Trackback | Comments(0)
2007年 05月 30日
坂井泉水 ZARD
久しぶりに子供達と夕食をしました。
帰りに息子がかみさんに一枚のCDを渡しました。ZARDのベストアルバムです。
息子が高校生の頃でしょうか、陸上の長距離を走っていました。
彼を勇気付けていたのがZARDの音楽でした。その後、浪人時代も・・・・・・。
もちろん我々親としても忘れられません。
昨日、坂井泉水の訃報を耳にして、言葉になりませんでした。
丁度、同じ日に大臣までなった政治家が亡くなりましたが、
彼はどんだけ多くの国民に勇気を与えたでしょうか?
植木等の訃報のときは時代の流れを感じました。
坂井泉水の訃報はそんな大きな波ではありませんが、
彼女に励まされた者にとって決して忘れられないことです。
坂井泉水さん、そしてZARD勇気を本当にありがとう・・・・・「負けないで」。

c0087349_4463024.jpgc0087349_4464421.jpg
[PR]

by core1808 | 2007-05-30 04:45 | 雑談 | Trackback | Comments(0)
2007年 05月 29日
塩ラーメン
三嶋大社の近くのラーメン屋さんへ久しぶりに行って来ました。
知人の息子がTVでお馴染みの佐野実の店で修行オープンした店です。
土日は、色々な場所からのお客さんが多そうです。
ブログで醤油ラーメンを紹介しましたが、今回は塩ラーメンを食べました。
シコシコ麺に美味しいスープ、初めて食べましたが癖になりそうです。(笑)
可愛がってあげて下さい、よろしく。

c0087349_11592514.jpgc0087349_11593374.jpg
[PR]

by core1808 | 2007-05-29 12:00 | 食べる話 | Trackback | Comments(0)
2007年 05月 28日
富士山のかたち 沼津市
先日ブログで紹介した、沼津の御成橋の近く静岡放送の建物近くで
富士山のかたちを見付けました。
何処にでも富士山が有りますね・・・・・これからも探します。

場所:静岡県沼津市上土附近

c0087349_5592382.jpg
[PR]

by core1808 | 2007-05-28 05:59 | 路上観察・路上情報 | Trackback | Comments(0)
2007年 05月 27日
日曜閑話
ブログの投稿が300件を越えました。三日坊主の我ながら良く続きます?
土曜日と日曜日色々な事が忙しい2日間でした。
昨日は、Y邸の内部スケッチを数枚仕上げ、沼津のY邸へ届けました。
久しぶりにCBカレースタンドで昼食、何となく町が賑やかです。
バスでY邸へ、お祭りの風景が写りました。帰りに寄る事に・・・・・・・。
沼津駅近くの友人が設計した神社ではお祭りをやっていました。
帰りの東海道線は珍しく事故で遅れていました。線路に人が入ったとか・・・・・・・?
今日はまた良い天気、三嶋大社で奉仕作業です。
すっかり伸びた植込みの刈込みです。30人ぐらいのボランティア、短時間で
サッパリした植込みになりました。
終了後はご苦労桟のバーベキュー大会、美味しい肉とお酒一杯頂きました。
天気が良く気持ちの良い半日でしたが、明日が心配です・・・・・筋肉痛?
バーベキュー大会の隣では弓道の試合、かっこ良かったですね・・・・・・・・・。

土曜日
c0087349_185143.jpgc0087349_1852680.jpg

日曜日
c0087349_1862485.jpgc0087349_1863699.jpg
[PR]

by core1808 | 2007-05-27 18:07 | 雑談 | Trackback | Comments(0)
2007年 05月 26日
波紋 雨の景観
昨日は朝から雨、今日は一転して朝から良い天気です。
雨の景観について考えます。
小林亨著書「雨の景観への招待」より波紋について次のように書かれています。
水面の波紋(水輪)は織物の文様などに見立てられる。
特に時雨や俄雨がもたらす波紋によって、月影や星影あるいは照明の光が瞬く
状能を「美しい光」として観賞した。
ポツリポツリと間隙のある水輪の情景に静寂が見取られた。

下の写真に見られるとおり、川のような流動水面より
池や湖のような静止水面のほうが水輪の美しさがでて織物の文様のようです。
以前のブログで紹介しました「吐水と雨の波紋が重なる」ような、
別の要素の波紋と重なっても、美しい水面になります。

左 川の波紋    右 池の波紋
c0087349_1164953.jpgc0087349_117136.jpg
[PR]

by core1808 | 2007-05-26 11:08 | 自然の風景 | Trackback | Comments(0)
2007年 05月 25日
わが家の庭
季節によりわが家の庭も色々な花が咲きます。
先日、かみさんが庭の片隅でシソを見つけました。
昨年植えて、駄目になったと思っていましたが・・・・・・?
早速、料理に利用しています、とにかく無農薬ですから良いですね。
それとかみさんが好きなカラーの花が一杯咲いています。

『ウィキペディア(Wikipedia)』でカラーについて調べました。
オランダカイウ属(-ぞく)とはサトイモ科の属の一つ。サンテデスキア属ともいう。
学名Zantedeschia。南アフリカが分布の中心。
この属の植物は、仏炎苞や葉が美しいものがあり観葉植物として栽培されるものがある。
こうしたものは、カラー(Calla)またはカラーリリー(calla lily)と呼ばれる。
なお、紛らわしいことに、サトイモ科にヒメカイウ属(学名Calla)というものがあるが、
日本語で植物の「カラー」という場合は、本属の植物(特にオランダカイウ)を指すのが
普通である。
サトイモの親戚ですね・・・・・・食べられるのでしょうか?

c0087349_9231774.jpgc0087349_9232754.jpg

カラー
c0087349_924752.jpg
[PR]

by core1808 | 2007-05-25 09:24 | 自然の風景 | Trackback | Comments(0)
2007年 05月 24日
太陽
美しい日の出でした。久しぶりに日の出の写真を撮りました。
日の出、日の入り、一年を通じて色々な方向に変化します。
下の図は、昭和10年(1935年)発行の「住宅建築設計の知識」の
平面計画の採光という項目に出ていた図です。
昔から住宅の計画で四季を通じての太陽の高度と方位角の変化を
考慮する事がいかに重要か、とても大切な事が分かります。
設計室は自宅の北側にありますが、春から秋にかけて朝晩、日が入ります。
北側の部屋も計画の方法により快適にもなります。

c0087349_5234167.jpgc0087349_5235454.jpg
太陽の方位角(左)と高度(右)の図
c0087349_524963.jpgc0087349_5303599.jpg
[PR]

by core1808 | 2007-05-24 05:28 | 自然の風景 | Trackback | Comments(0)
2007年 05月 23日
スケッチ・オブ・フランク・ゲーリー
建築家フランク・ゲーリーの映画「スケッチ・オブ・フランク・ゲーリー」が
6月2日から東京Bunkamuraル・シネマにて公開されます。静岡では7月21日(土)
静岡シネ・ギャラリー(サールナートホール)にて公開されます。
フランク・ゲーリーの日本での作品は、1987年に神戸開港120年を記念して設置された
フィッシュ・ダンス(高さ21mの巨大な鯉のオブジェ)が有名です。
私の記憶の中では、スペインのビルバオ・グッゲンハイム美術館です。この美術館が
完成し、世界中の人がこの地を訪れるようになりました。

建築家フランク・ゲーリーについて調べました。
フランク・オーウェン・ゲーリー(Frank Owen Gehry, 1929年2月28日 - ) は、アメリカ合衆国の建築家。
カナダトロント出身少年時代は祖母と木くずを使い、「小さい町」を作り過ごす。
1947年に家族とロサンゼルスに移住。ロサンゼルスシティカレッジの夜間クラスに通い、
1954年に南カリフォルニア大学より建築学士号を取得する。
その後陸軍に従事し、ハーバード大学で都市計画を1年間学んだ。1961年に妻と幼い2人の娘と共にパリへ移る。
そこで建築家のアンドレ・ルモンデ(André Remondet)の下で働き、週末にはシャルトル大聖堂やロンシャン教会(Notre Dame du Haut, Ronchamp)などの建築のメッカで過ごす。
1962年にアメリカに戻り、1967年に他の若い建築家と事務所を設立する。

映画の解説からです。c0087349_10423145.jpg
監督:シドニー・ポラック
出演:フランク・ゲーリー/デニス・ホッパー/ジュリアン・シュナーベル 
製作:ウルタン・ギルフォイル
撮影:ジョージ・ティフォン/クラウディオ・ロチャ/マーカス・バーセル
音楽:ソルマン&ニストロム
配給:ワイズポリシー2005年/ドイツ・アメリカ/84分/35mm

まるで服飾デザイナーが生地を張り合わせるように、紙を無造作に切り裂き、テープで張り合わせて建物のフォルムを決めていく…その独自の創作アプローチで、数々の現代建築を生み出してきた、稀代の天才建築家フランク・ゲーリー。
御年80歳を前にして、今なお尽きることない彼の壮大なアイディアは、いったいどこから生まれるのだろうか?
スペインのビルバオ・グッゲンハイム美術館をはじめ、ロスのディズニーシンフォニーホール、マサチューセッツ工科大学(MIT)のステイタ・センター、ベルリンのDG銀行、パリのシネマテークなど、極めてラフに描かれたスケッチを基にしたとは思えない、大胆かつ奇抜な建築様式は、我々の眼を飽きさせることはない。
そして近年はティファニーのジュエリーデザインに進出するなど、その活動の範囲は規制の枠に止まらない。果たして神秘のベールに包まれてきた彼の貴重なクリエーション真実は、いかなるものなのか?カメラはその真実の姿を初めて捉える!

映画「スケッチ・オブ・フランク・ゲーリー」の公式HPはこちらです。

フィッシュ・ダンス
c0087349_115486.jpg
スペイン ビルバオ・グッゲンハイム美術館
c0087349_1171256.jpg
[PR]

by core1808 | 2007-05-23 10:59 | 建築 | Trackback | Comments(0)
2007年 05月 22日
Nビル キッチン・マカロニ
昨年の2月に完成、お店も2月にオープンしたNビルです。
1階と2階は、オーナーのレトロな洋食屋とテナント(貸事務室)、
3階は、オーナーの住宅という内容で建物は構成されています。
お店には、ブログで紹介しました「かまど」があります。
のれんを潜りお店に入ると小さな吹抜け空間、正面に「かまど」が見え
横に薪の束が置いてあります。
お店の庭(オープンテラス)は、枕木を使い友人の制作です。
キッチン マカロニは、美味しい町の洋食屋さんです。よろしく
建物概要
用途 店舗併用住宅
場所 静岡県田方郡函南町
2006年2月竣工 
鉄骨造地上3階 建築面積:128.47㎡ 延床面積:299.64㎡

設計 コア建築計画研究所 (西山 洋雄)
施工 ㈱イズ工務店(担当 狩野)

c0087349_17202471.jpg
c0087349_172123.jpgc0087349_17213256.jpgc0087349_17215595.jpg
c0087349_17222188.jpgc0087349_17224591.jpgc0087349_1723046.jpg
下の写真、3階住宅のダイニングです  上の写真、手作りのケーキも最高です
c0087349_17232487.jpg
[PR]

by core1808 | 2007-05-22 17:45 | WORKS | Trackback | Comments(0)