カテゴリ:WORKS-耐震( 204 )

2016年 06月 22日
まとめて申請
c0087349_4235835.jpg沼津市の耐震補強計画をはじめて行いましたが工事へ補助金申請を
準備していたところ、他に2件補強計画が入ってきました。
それならばまとめて申請をと昨日3件提出してきました。

仕事にはその年により場所や方位があるような気がしますが
今年は沼津かもしれません。箱根西麓は相変わらず続いています。


コア建築計画研究所/建築相談
[PR]

by core1808 | 2016-06-22 23:23 | WORKS-耐震 | Trackback | Comments(0)
2016年 06月 18日
T公民館木造耐震診断(一般診断) 報告
c0087349_11391751.jpgT公民館の耐震診断の報告に行ってきました。
土曜日の箱根行きのバスは三島スカイウォークへ観光客が
多くなり大勢乗っていました。
診断結果を報告し、補強計画等のこれからの話をし報告が
終わりましたが、帰りは天気が良かったので三島の町に
向かい歩きました。
途中のバス停で丁度良いバスがあり三島駅に向かいました。
この日のウォーキングはトータルで15,000歩になりました。


コア建築計画研究所/建築相談
[PR]

by core1808 | 2016-06-18 23:38 | WORKS-耐震 | Trackback | Comments(0)
2016年 06月 14日
T公民館木造耐震診断(一般診断)
c0087349_485910.jpgc0087349_491252.jpgc0087349_492383.jpg
雨が心配された月曜日、T公民館の耐震診断に行ってきました。
T公民館は昭和59年の建築32年経つ木造平屋建て172.24㎡の
建物で、今回の熊本地震の関係で耐震診断の相談がありました。
大きな部屋が多く、小屋梁には鉄骨の合わせ梁を用いていました。
全体の耐力壁が少ないように感じましたが、筋かいはしっかり入っていました。


コア建築計画研究所/建築相談
[PR]

by core1808 | 2016-06-14 23:07 | WORKS-耐震 | Trackback | Comments(0)
2016年 06月 08日
M邸木造耐震補強工事(補強計画)
c0087349_59166.jpg最近昭和56年5月以降の耐震診断の話がいくつかありました。
これも熊本地震の影響ですか、昨日調査に行ったお宅も
昭和57年(1982年)の建築で補助金に関係なく調査の
依頼がありました。
この辺の基準も新耐震とは言え厳しいものがあります。

今回の熊本地震では工事中の木造住宅にも被害がありました。
もちろん最近の建築基準法による設計かと思われます。


コア建築計画研究所/建築相談
[PR]

by core1808 | 2016-06-08 23:08 | WORKS-耐震 | Trackback | Comments(0)
2016年 06月 06日
I邸木造耐震補強工事(補強計画)
c0087349_443438.jpgc0087349_443205.jpgc0087349_4433165.jpg
今回、同業の友人の紹介ではじめて沼津市での仕事になりました。
I邸は昭和55年(1980年)に建築された2階建の建物です。
当時の住宅金融公庫を使用して建て、完了検査も受けている建物です。
一部の部屋がシロアリ被害に合い、工事をやるなら耐震補強工事まで
となりました。

先週土曜日に調査にお伺いしましたが、公庫を使用しているため
構造部分の状況も良く、筋交いもほぼ図面通り確認できました。


コア建築計画研究所/建築相談
[PR]

by core1808 | 2016-06-06 23:42 | WORKS-耐震 | Trackback | Comments(0)
2016年 05月 27日
S邸木造耐震診断(わが家の専門家診断)
c0087349_1538026.jpgc0087349_153810100.jpg
雨が上がったので約束通りの時間に出かけると、
また雨に降られました。
三島市街地北側の住宅地、自転車では手ごたえがありますが
雨にも負けず、わが家の耐震調査に行ってきました。
三島市へ県外から移住の若いご夫婦のお宅で、建築経過が
あまりわかりませんが、昭和43年(1968年)の築48年の
2階建て45坪ぐらいの住宅です。


コア建築計画研究所/建築相談
[PR]

by core1808 | 2016-05-27 15:51 | WORKS-耐震 | Trackback | Comments(0)
2016年 04月 30日
公民館前
c0087349_192214.jpg先日、相談を受け打ち合わせに行ってきました。
昭和56年以降に建築された公民館の耐震診断です。
建築が昭和59年ですが新耐震基準とは言え、今回の
熊本地震でも公民館が倒壊していました。
地域の防災拠点の建物は耐震を考える必要がありますね。

公民館の前には公民館前というバス停がありました。
とても分かりやすく、たぶん全国にこの名のバス停、
一杯あるのではと思いました。


コア建築計画研究所/建築相談
[PR]

by core1808 | 2016-04-30 23:01 | WORKS-耐震 | Trackback | Comments(0)
2016年 03月 07日
木造耐震補強工事-M邸 洗面・浴室リフォーム
c0087349_1764661.jpgM邸の耐震補強工事が終わり、洗面・浴室のリフォームが
最後の工事となりました。

既存の浴室は天井が必要以上に高く、冬はとても寒く
浴槽も狭く使い勝手が非常に悪い浴室でした。
新しいユニットバスも入り洗面所のリフォームを
行っています。
設備関係の改修もリフォームの大切な項目ですね。
耐震とリフォーム、この住宅ももう少し長生きできました。


コア建築計画研究所/建築相談
[PR]

by core1808 | 2016-03-07 17:14 | WORKS-耐震 | Trackback | Comments(0)
2016年 02月 29日
木造耐震補強工事-M邸 バリアリフォーム
c0087349_510092.jpg 耐震補強工事を行いながらリフォームも何か所か行っています。
その一つに住宅のバリアフリー化があります。
家族が少しずつ年を取り、床の段差が障害に
なってきました。
今回は勝手口の床の段差を解消するため、
踏み板と手すりを取り付けました。
これでおばあちゃんも使いやすくなります。

耐震補強計画 コア建築計画研究所 西山
施工 松永工務店 大工:沢田さん


コア建築計画研究所/建築相談
[PR]

by core1808 | 2016-02-29 05:08 | WORKS-耐震 | Trackback | Comments(0)
2016年 02月 23日
木造耐震補強工事-M邸 押入リフォーム
耐震補強工事の制震装置の取り付けが最後の壁になりました。
今回の工事では4か所の押入を利用し耐震補強工事を行いました。
今まで使われ来た押入れをついでにリフォームし使い勝手を
良くしています。
茶の間の押入れも棚を増やし扉を大きくしています。
耐震補強+αの部分がいろいろ出てきます。

耐震補強計画 コア建築計画研究所 西山
施工 松永工務店 大工:沢田さん

c0087349_942920.jpgc0087349_944120.jpg


コア建築計画研究所/建築相談
[PR]

by core1808 | 2016-02-23 23:58 | WORKS-耐震 | Trackback | Comments(0)