2008年 10月 04日
土塗り壁 Y邸木造住宅耐震診断(一般診断)
Y邸の耐震調査に行きました。
Y邸は2つの年代に建てられた建物で構成されています。
古い部分が昭和6年(1931年)、新しい部分が昭和46年(1971年)です。

昭和5年(1930年)11月26日午前4時頃隣町の函南町軽井沢を
震源とする北伊豆地震が起きました。
その後数年、三島の町は災害復旧事業が行われ、
中心商店街に残る看板建築はその頃建てられました。

Y邸の古い部分も震災後に建てられました。
当時、壁は竹で小舞を組んで土塗り壁下地で、
天井裏に潜り当時の状況を見ることが出来ました。

住環境にもとても良い工法ですが、この地域は
施工する職人がいなくなりました。
今では高価な工法になり、とても残念です。

c0087349_1692124.jpg
[PR]

by core1808 | 2008-10-04 16:09 | WORKS-耐震 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://coreplan.exblog.jp/tb/9855917
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 柳ジョージ      解体工事中 >>