2008年 09月 22日
K邸木造住宅耐震診断(一般診断)
昨日午前中雨の中、今年度わが家の耐震診断に
申込まれたK邸の調査を行いました。
K邸は1950年(昭和25年)の建築です、以前近くで調査を
行ったお宅も同じ時期の建築でした。(建築的に似ていました)

間取りの実測(2階建ては2階の位置の確認)と壁の下地と仕上げを確認、
建物の老朽度をチェックし、天井裏から木造の構造体の確認をします。
これから図面作成し壁の位置や評価し、パソコンに入力して
建物の耐震評点を出します。

平家で屋根も金属板で吹き替えられているため、耐震評点には良いのですが
この時期の建物の特徴ですか筋違の確認が殆どできません。

耐震には関係有りませんが、電気の配線もガイシを用いた
当時のままでしょうか・・・・・・・?

c0087349_5423598.jpg
[PR]

by core1808 | 2008-09-22 05:49 | WORKS-耐震 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://coreplan.exblog.jp/tb/9765821
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 木造耐震補強工事 F邸      日曜閑話 アクセス数 >>