2008年 05月 23日
木造耐震補強計画-F邸
4月に民生委員を通じて市に耐震補強の相談がありました。
早速市の担当者とF邸へお伺いし相談をうけました。

F邸は昭和56年(1981年)2月に建築しています。
新耐震法が5月から始まりますが、3ヶ月前です。
木造2階建て、延べ面積109.37㎡、当時の住宅金融公庫を
利用して建てた住宅です。

一昨年旧ソフトにより一般耐震診断を行っていますが、
総合評点が0.74(やや危険です)と出ていました。
今回は昨年より使用している新ソフトにより診断です。

F邸の現況耐震診断の結果は次の通りです。
     南北方向評点:0.82(やや危険です)
     東西方向評点:0.72(やや危険です)
2階部分については、南北1.42、東西1.64両方向について安全側の
結果がでました。

c0087349_5433688.jpgc0087349_5435316.jpg

診断結果の原因としては、1階部分の東西・南北の耐震要素(耐震壁等)が
少ないのと1階廊下床の老朽化があげられました。
2階についての問題はありませんでした。

上記診断の結果、次の耐震補強工事を計画しました。
1.1階2ヶ所の押入の内部壁を筋かいと構造用合板により補強する。
2.1階廊下床の下地確認の上、張り替えする。

毎回、補強する壁は極力目立たない箇所(押入等)とする事で
工事費を抑え、工事中の生活への影響が少ないようにしています。


c0087349_5451366.jpgc0087349_5453217.jpg

次の段階で工事見積になりますが、Fさんはご夫婦が65歳以上のため
50万円まで補助金が出ます。
四川省の地震のことを考えると、無料の耐震診断だけでもお勧めします。
[PR]

by core1808 | 2008-05-23 05:47 | WORKS-耐震 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://coreplan.exblog.jp/tb/8907575
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 水切り 市場町の家2008      御神木 >>