2008年 04月 27日
特養老人ホーム いづテラス内覧会
昨日の大安、三島市内に新しくできた老人ホームの
内覧会がありました。

設計は東京の村松デザイン事務所、若い(?)建築家設計の建物は、
新鮮な刺激と私の視点と違った勉強になります。
極端にシンプルに標準化された計画やディテール、
吹き抜けの中庭を囲んだプランは、非常に気持ちの
良い空間になりました。

特養老人ホームとしては、めずらしい5階建てです。
都市型では考えられますが、地域ではあまりありません。
しかし特に上の階の大きな窓は富士山や箱根山の
風景の取り込みが効果的だと思われます。
残念ながら昨日は雨天でした・・・・・・・。

一緒に行った同業の友人「このプランだと全国何処でも
通用するし建てられる・・・・・・・。」との感想ですが、
建築の地域性をいつも考える私は気になりました・・・・・・・。

c0087349_6143997.jpgc0087349_6145332.jpg
c0087349_6153736.jpgc0087349_6155829.jpg
c0087349_6162939.jpgc0087349_617817.jpg
c0087349_6173440.jpgc0087349_617545.jpg
[PR]

by core1808 | 2008-04-27 06:18 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://coreplan.exblog.jp/tb/8739858
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by コバヤシ ユウイチ at 2008-09-01 10:36 x
私も、伊豆に行く途中に勝手に外観のみ見学してきました。
建物を印象付ける長手側の金属の錆色の素材は、なんでしょうか?ご存知でしたら教えて下さい。
(考えるにキーストンプレートをそのまま張ったもの・・・・・?)
Commented by core1808 at 2008-09-01 13:26
コバヤシさんこんにちは。
金属(キーストンプレート)はコールテン鋼の錆仕上げかと思われます。
昔から使われる面白い材料です。


<< 新緑・・・4月も終わりですね      NHK「静岡けんちく図鑑」取材... >>