2007年 09月 17日
楽寿園
久しぶりに娘たちと楽寿園へ行って来ました。
楽寿園は、JR三島駅南口のすぐ南に位置し、
明治維新で活躍された小松宮彰仁親王が
明治23年に別邸として造営されたものです。
戦後三島市民のための公園となり、親しまれてきました。
子供の頃は、像やライオン、キリン等色々な動物が飼われ
動物園としても親しんで来ました。
約1万4千年前の富士山の噴火の際流れ出た溶岩(三島溶岩流)が
露出している小浜池にも、今年は多少湧水が溜まっていました。
せりの瀬の冷たい水に足を入れ楽しんだ後に、
源兵衛川(げんべいがわ)へ行き川歩きを楽しみました。
護岸の溶岩の石積みから湧水が出ていました。

c0087349_17534390.jpg
c0087349_17541048.jpg
[PR]

by core1808 | 2007-09-17 17:57 | まちの風景 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://coreplan.exblog.jp/tb/6987352
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 公園の動物達      50㎝のロールケーキ >>