2007年 08月 06日
土塗り壁 K邸木造住宅耐震診断(一般診断)
先日、わが家の耐震診断に今年度申込まれたK邸に
調査に行って来ました。
K邸は1950年(昭和25年)の建築です。
この頃の住宅は、筋違(地震等に耐えるために壁に入っている斜め材)
が入っていない住宅が多いいです。
K邸も筋違が確認できませんでした。
もう一つの特徴が壁の下地が土塗り壁です。
K邸も土塗り壁です。しかし残念ながら外壁は、金属サイディングが
張られていました。壁が呼吸できないでしょうね。

c0087349_4511679.jpg
[PR]

by core1808 | 2007-08-06 04:52 | WORKS-耐震 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://coreplan.exblog.jp/tb/6645891
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 残された塀?      建築士会との「景観会議」 >>