2007年 03月 09日
和室の「富士山のかたち」(2003年:Y医院併用住宅) 
建物は、1階が診療所、2・3階が住宅で構成されています。
住宅部分の設計に際して「家族の伝統」というテーマを設定しました。
玄関ホールより南側の和室部分は、先祖を祭る仏壇や、四季の祝い事を行たり、
人よせを行う非日常の「ケ・ハレ」の空間として計画しました。
この部分は構造も鉄骨造で切妻屋根とし、鉄筋コンクリートの外壁に内包する
和の空間構成を提案しました。
和室・広縁と建具を外せば大きな空間、欄間部分も素通しです。
この欄間部分の長押の吊束、補強を兼ねて富士山デザインの幕板を採用しました。
生活の中の「富士山のかたち」です。

施工:㈱小野建設(担当 柴田)

c0087349_1512358.jpg

c0087349_1513531.jpg
[PR]

by core1808 | 2007-03-09 15:15 | WORKS | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://coreplan.exblog.jp/tb/5683972
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 芝の種まき      富士山のかたち >>