2006年 09月 20日
木造耐震補強工事-H邸
昨日、H邸の耐震補強工事の完了報告書(補助金に伴う)を三島市に提出しました。
静岡県には、木造耐震補強工事に補助金制度があり、一般が30万円、
高齢者等居住住宅(65歳以上の居住者で構成、障害者手帳1級又は2級、介護認定者居住)については50万円となります。
市町村によっては上乗せがありますが三島市はありません。
また今年から耐震改修を行なった住宅は、所得税と固定資産税が減税になります。
完了報告書と一緒に手続きを行ないました。

今回、耐震補強工事を行ったH邸は、
現況 耐震精密診断で 南北方向評点:0.34(倒壊または大破壊の危険)
               東西方向評点:0.70(やや危険です)
2階部分についても南北0.81、東西0.86両方向について「やや危険です」
という結果がでました。

上記診断の結果、次の補強工事を計画しました。
1. 屋根を瓦から金属板(軽い材料)に葺替える。
 工事金額の割に耐震総合評点が上がりません。ただし建物全体の事を考えると
 大切なことです。瓦とか廃材の処分費もだいぶかかります。
2. 南北3ヶ所、東西2ヶ所、筋かい90×45を設け、構造用合板9mmを張る。
 構造用合板について
 ・取付け方法:柱・土台・間柱・桁に直打ちする。
 ・釘:N50-@150
3. 基礎のひび割れを補修する。
 老朽度を是正しグレードアップする。
上記の計画で評点は2階を含め1.0(一応安全)以上となりました。

c0087349_5101367.jpg
耐震補強工事報告写真

c0087349_5122363.jpg
静岡県木造住宅耐震補強マニュアルより
標準図-工種別耐力壁倍率一覧表-構造用合板


施工:松永工務店
[PR]

by core1808 | 2006-09-20 05:26 | WORKS-耐震 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://coreplan.exblog.jp/tb/4588962
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< オットー・ワグナー カイザーバ...      1週間 >>