2006年 08月 22日
木造住宅耐震補強工事-K邸
静岡県では平成13年(2001年)からTOUKAI-0(「とうかいぜろ」と読む・・・倒壊零?)わが家の耐震診断事業を行っています。昭和54年(1979年)5月以前に着工した木造住宅を専門家による無料耐震診断を行い、評点が1.0未満の危険な木造住宅の耐震化を推進する事業です。私も今まで約150戸の耐震診断を担当、実施しました。

今回、耐震補強工事を行ったK邸は、
現況 耐震精密診断で 南北方向評点:0.92(やや危険です)
               東西方向評点:0.55(倒壊または大破壊の危険)
上記診断の結果、東西・南北方向とも耐震壁(筋かい+構造用合板にて)をバランス良く増やす計画を行いました。(1階で6ヶ所、2階で1ヶ所)
上記の計画で評点は下記のようになりました。
補強後   〃    南北方向評点:1.17(一応安全です)    
             東西方向評点:1.12(一応安全です)

c0087349_22263486.jpg
左が補強後耐震精密診断報告書、 中央は補強計画1階壁伏図、 右が現況耐震精密診断報告書


c0087349_22315158.jpg
2階 廊下壁 筋かい90×45取付け


c0087349_22382355.jpgc0087349_22384354.jpg
















筋かい上端部(HD・プレート金物取合い)         筋かい下端部

施工:松永工務店

c0087349_22462344.jpg(財)日本住宅・木材技術センターにて発行している「写真で見る接合金物の使い方」は木構造金物の非常に分かり易い参考書です。(写真は以前Yaooオークションで安価に手に入れた中古本)
[PR]

by core1808 | 2006-08-22 23:03 | WORKS-耐震 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://coreplan.exblog.jp/tb/4391884
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< みしまの湧水      工事中 >>