2017年 10月 03日
木造耐震補強工事-K邸 清水町
c0087349_9295582.jpgc0087349_930915.jpg
今週初めから久しぶりに清水町にあるK邸の耐震補強工事に入りました。
K邸は昭和7年(1932年)建築の木造2階建て約210㎡の住宅です。
典型的な田の字プランの民家型住宅で、壁は土壁、基礎は石基礎でした。
耐震評点が南北方向で0.24と低く、在来工法では大掛かりになり、
コスト高になるため、制震工法で計画しました。
制震装置は東西6ヶ所、南北6か所の計12か所に取り付けます。
今回はまず補強部分の布基礎の施工から始まりました。

耐震補強計画 コア建築計画研究所 西山
施工 (株)三須建設 三須さん

コア建築計画研究所/建築相談
[PR]

by core1808 | 2017-10-03 23:28 | WORKS-耐震 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://coreplan.exblog.jp/tb/27844835
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 十五夜      富士山世界遺産センター >>