2015年 11月 10日
T邸木造耐震診断(一般診断)
T邸は昭和7年(1932年)に建てられた住宅です。
木造2階建て、延べ面積約280㎡(84.7坪)で
建築当時は渡り廊下で別棟の病院につながっていました。

先日のブログでも紹介しましたが、建築時の建築認可申請書が
残っていました。当時は今の建築基準法以前の世界で、申請も
三島警察署に提出しています。

当初基本計画の外観スケッチも残っていましたので設計者の
イメージが伝わってきますが、残念ながら名前は不明でした。
今回耐震診断により何らかの形で、地域の文化財として残して
いただければと思います。

c0087349_4143012.jpg

c0087349_414482.jpg


コア建築計画研究所/プロフィール・建築相談
[PR]

by core1808 | 2015-11-10 04:14 | WORKS-耐震 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://coreplan.exblog.jp/tb/24919774
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 伊豆の景観魅力アップ事業      三島市民すこやかふれあいまつり >>