2015年 07月 02日
S邸木造耐震補強工事(補強計画)
先日、S邸の耐震補強計画の依頼を受けました。
S邸は昭和54年(1979年)に木造一部鉄骨造2階建ての
住宅です。耐震的には木造部分は平屋と鉄骨造の2階部分の
別棟扱いの2棟の診断になりました。

設計監理で建てられ、図面もしっかり作成されていましたが、
平屋の住宅部分は耐震壁が少なく南北方向の壁は特にひどく
偏心を起こし、評点も0.24(倒壊する可能性が高い)になりました。

2階棟部分については、東西南北両方向とも0.9前後と良い評点がでました。
耐震補強計画は、平屋部分は制振装置により、2階棟部分は
構造用合板にて計画を行いました。
本日、補強計画を報告し工事見積もりの依頼になりました。

c0087349_13591625.jpg
1階が鉄骨造、2階が木造部分 右が木造平屋部分


コア建築計画研究所/建築相談
[PR]

by core1808 | 2015-07-02 23:33 | WORKS-耐震 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://coreplan.exblog.jp/tb/24347316
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 西伊豆 バーベキュー大会      うるう秒 >>