2014年 08月 18日
T邸木造耐震補強工事(補強計画)
T邸補強計画のための現況診断を行いました。
2階天井裏へ入り小屋組の確認をしましたが、昭和40年に建築後
増築が行われた古い壁の痕跡が見えました。
現況診断は2棟と全体と2つの方法で行い補強方法を検討します。
この時期の屋根裏は最高に厳しい感じでした。

c0087349_14312560.jpg


コア建築計画研究所/建築相談
[PR]

by core1808 | 2014-08-18 23:20 | WORKS-耐震 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://coreplan.exblog.jp/tb/22492589
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 実施設計      流鏑馬 三島夏まつり 2014 >>