2014年 07月 23日
木造耐震補強工事-Mの家 土壁
連休明けの今週火曜日からMの家の耐震補強工事が始まりました。
前回のブログでも紹介しましたが、箱根西麓の集落に位置する建物は
昭和7年(1932年)の建築、木造平家建の床面積約30坪、
旧東海道の集落に面した伝統建物です。

押入廻りの工事から始まりましたが、当時の土壁が出てきました。
桁まできっちと施工された土壁でしたが一部足固めが無く、
新に足固めを入れて制震装置を取付けます。

現場へは元箱根行きのバスにて行きましたが、帰りは途中の集落にて
用事があるため、三島の町に向かって1時間少々歩きました。
昔参加した東海道ウオークを思い出しました。

c0087349_10354026.jpgc0087349_10355477.jpg

c0087349_10362190.jpg





コア建築計画研究所/建築相談
[PR]

by core1808 | 2014-07-23 23:26 | WORKS-耐震 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://coreplan.exblog.jp/tb/22395984
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 第3回防災まちづくりワークショ...      ママチャリ日本グランプリ 2015 >>