2014年 03月 18日
Mの家木造耐震診断
元々住宅ですが現在別の用途で使っている建物の現況耐震診断を依頼されました。
箱根西麓の集落に位置する建物は昭和7年(1932年)の建築、木造平家建の
床面積約30坪、旧東海道に面した田の字平面の伝統を感じる建物です。
8寸角の大黒柱、丸太材の梁や桁、箱根西麓の木材を使ったのでしょうか?

c0087349_1053142.jpg

c0087349_10533120.jpg


コア建築計画研究所/建築相談
[PR]

by core1808 | 2014-03-18 23:40 | WORKS-耐震 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://coreplan.exblog.jp/tb/21853751
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 会議場施設 プラザ ヴェルデ      越前 丸岡城 >>