2013年 12月 17日
K邸木造耐震診断(一般診断) 
久し振りに木造耐震診断の依頼がありました。
Kさんの依頼文だと昭和48年新築、ところが建築確認申請書に
よると昭和48年は増築工事でした。
調べると昭和41年新築で、もとは平屋にて建てられ、その後
1階一部と2階が増築されました。
中古住宅を購入し不動産屋からも説明があまり無かったようです。

建物の壁バランスが悪く、偏心を起こして内・外壁にもクラック、
東日本大震災後の富士宮震源地の地震でだいぶ入ったようです。
0.13という評点で補強計画を進めました。

c0087349_11494824.jpg


コア建築計画研究所/建築相談
[PR]

by core1808 | 2013-12-17 23:40 | WORKS-耐震 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://coreplan.exblog.jp/tb/21171935
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 木造耐震補強工事-Y邸 外壁ひ...      鴨 >>