2013年 02月 06日
木造耐震補強工事-U邸 制震装置
今週から隣町のS邸の耐震補強工事が始まりました。
私にとって初めての町の仕事ですので手続き等で戸惑いました。

U邸は昭和54年(1979年)に建築された木造平家建、延べ面積約127㎡
の住宅ですが構造的に別棟会わせ3棟ありました。
建築時に同時に建てられた納屋、昭和60年(1985年)に増築した部分
それぞれが構造的に独立しているため、別々に補強計画を行いました。

今回の補強工事はそれぞれの棟全ての工事を行うことになりました。
本棟の押入の工事から始まり、今回も制震装置の内壁タイプを
用いて補強を行いました。
1ヶ所目の制震装置の取付が終わり造作工事に入ります。

耐震補強計画 コア建築計画研究所 西山
施工 松永工務店 大工 沢田さん

c0087349_510970.jpg
この押入には2ヶ所の制震装置を取り付けました


コア建築計画研究所/建築相談
[PR]

by core1808 | 2013-02-06 23:58 | WORKS-耐震 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://coreplan.exblog.jp/tb/19242421
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 適合証 O町内集会所      補助金表示板 O町内集会所 >>