2012年 12月 18日
木造耐震補強工事-S邸 既存金物補強
今月の初めからS邸の耐震補強工事が始まりました。
S邸は昭和32年(1957年)に建築された木造2階建て、延べ面積135㎡
箱根西麓の木材を用い、土壁の農家型の住宅です。
築55年のこの住宅は現在お年寄り夫婦の離れになっています。

今回も制震装置を用いて耐震補強を行っていますが、ついでに天井の
リフォームも依頼されました。
オープンになった小屋組部分等の金物補強や入っていなかった火打梁も
金物により入れることが出来ました。

耐震補強計画 コア建築計画研究所 西山
施工 松永工務店 大工 沢田さん

c0087349_5202290.jpg

c0087349_5204358.jpg


コア建築計画研究所/建築相談
[PR]

by core1808 | 2012-12-18 23:09 | WORKS-耐震 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://coreplan.exblog.jp/tb/19020896
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 旧五十嵐邸の仕掛け      木工館 >>