2012年 08月 09日
木造耐震補強工事-S邸
今週からS邸の耐震補強工事が始まりました。
T邸は昭和51年(1976年)建築の木造2階建て、
延べ面積が116.35㎡(35.19坪)の建物です。
当初は木造平屋建ての建物でしたが、昭和64年(1989年)
2階部分の増築が行われました。

S邸の現況耐震診断の結果(1階部分)は低い方で
南北方向:0.24(倒壊する可能性が高い)という結果で
特に南北方向の耐震要素(耐震壁等)のバランスが悪く
西側に片より偏心を起こしていました。

耐震壁が東側に片より、また西側の道路敷地境界には大きな
石積みをかかえ敷地的にも問題を抱えていました。
西側の部屋に新設壁等を設け、バランスの修正も行います。

耐震補強計画 コア建築計画研究所 西山
施工 夢創(むそう) 露木

c0087349_17181565.jpg


コア建築計画研究所/建築相談
[PR]

by core1808 | 2012-08-09 23:15 | WORKS-耐震 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://coreplan.exblog.jp/tb/18330636
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< バスの料金表示      特製 濃厚豚骨魚介つけ麺(醤油) >>