2012年 04月 18日
S邸 小屋組1960
昨日、耐震調査に行ったS邸は昭和35年(1960年)の建築です。
平家建の間取をチェックしていくと典型的なつなぎの座敷と広縁、
かつて土間空間であった台所部分、北側に小部屋と典型的な
農家の間取でした。

奥さんの話だと地元の人が協力し地元の木材を用いて建てたようです。
天井裏には、りっぱな小屋組を確認することが出来ました。

c0087349_5202177.jpg

c0087349_5204063.jpg


コア建築計画研究所/建築相談
[PR]

by core1808 | 2012-04-18 05:21 | WORKS-耐震 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://coreplan.exblog.jp/tb/17839374
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 膝が痛い・・・・・!      木造住宅耐震診断(一般診断) ... >>