2012年 02月 20日
A邸1990 木造住宅耐震診断調査
建築が昭和56年以降で無料の耐震診断は受けられず、
先日、三島市耐震協に相談と依頼がありましたA邸の
耐震診断調査に行って来ました。

A邸は平成2年(1990年)に建築された木造2階建て
延べ面積が約93坪の建物です。
平成7年(1995年)阪神淡路大震災以前に建築確認申請書に
地震や風圧に対する壁量の計算書が添付しない時期がありました。

今回の建物もその時期に確認を取り計算書が付いていません。
設計図は残っていますが壁量の計算書はありません、しかも
設計施工で(設計監理不在?)仕事を行っています。
規模の大きい住宅のわりには1階部分は筋かいが少ないようです。

これから診断を元に補強計画し長く使える住宅にしたいと思います。

c0087349_9351556.jpg

c0087349_9354648.jpg


コア建築計画研究所/建築相談
[PR]

by core1808 | 2012-02-20 09:11 | WORKS-耐震 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://coreplan.exblog.jp/tb/17501826
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 景観から風景に・・・・      朝のヨーグルト >>