2011年 11月 23日
むかご(零余子)
建築士会の友人が、むかごを届けてくれました。
以前から山芋(自然薯)の栽培にチャレンジしている
話を聞き興味を持ちました。

ネットで調べると分かり易い説明が、
山芋の葉の付け根にできる小指の頭ほどの球芽です。
小さな粒の一つ一つに山芋の香りとコクが凝縮されています。

以前静岡のとろろ汁で有名な丸子へ行ったときに農家の簡易販売所で
むかごを買ったのを思い出しました。

料理は、炊き込みご飯や熱湯で軽く茹でる、煮物、味噌汁等
いろいろな方法があるようですが、シンプルが一番で
山芋の香りとコクが味わえます。
ご馳走様でした。

c0087349_455219.jpg


コア建築計画研究所/建築相談
[PR]

by core1808 | 2011-11-23 23:52 | 食べる話 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://coreplan.exblog.jp/tb/17128989
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 韮山歴史探訪      木造耐震補強工事-IW邸 >>