2011年 07月 20日
木造耐震補強工事-Y邸
先週中旬からY邸の耐震補強工事が始まりました。
Y邸は昭和53年(1978年)建築の木造2階建て、
延べ面積が約114㎡の建物です。

Y邸の現況耐震診断の結果(1階部分)は次の通りです。
南北方向:0.56(倒壊する可能性が高い)
東西方向:0.60(倒壊する可能性が高い)

東西南北の耐震要素(耐震壁等)が少ないので評点が
低くなりましたが旧住宅金融公庫仕様で図面通り
建てているため他には問題はありませんでした。

補強計画を行い制震装置(4ヶ所取付)による工法
により耐震化を図ります。
コストも抑え、補助金の関係で自己費用は最小限に済みました。

耐震補強計画 コア建築計画研究所 西山
施工 松永工務店

c0087349_534690.jpg
c0087349_5342757.jpgc0087349_5345098.jpg
[PR]

by core1808 | 2011-07-20 05:34 | WORKS-耐震 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://coreplan.exblog.jp/tb/16621236
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 木造耐震補強工事-S邸 制震装置      道幅の案内 >>