2010年 06月 19日
三島市郊外住宅地
先日、木造耐震診断(一般診断)を依頼された
Sさんのお宅にお伺いしました。

Sさん宅は昭和40年代から50年代にかけて
開発された住宅の分譲地です。
三島郊外のとても環境の良い場所でとても好評で
多くの住宅が建築されました。

それから40年が過ぎ住民の方も高齢化になりつつ
色々な問題が心配されました。
これはその頃開発されたどの分譲地にも言える問題です。

先日お伺いしたときに公民館前にて住民の方々の様子を見て
コミュニティーの存在を感じつつ安心しました。

c0087349_991934.jpgc0087349_993363.jpg
バス路線廃止も心配されましたが、1時間に2本は走っています。
[PR]

by core1808 | 2010-06-19 09:10 | まちの風景 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://coreplan.exblog.jp/tb/14616421
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 日曜閑話 電動歯ブラシ      三島市木造住宅耐震補強推進協議... >>