2010年 06月 15日
木造耐震補強工事-Y邸 制震装置
今週月曜日からY邸の補強工事が始まりました。
Y邸は木造2階建て、延べ面積が約44坪の建物です。
平成14年(2002年)に一般診断にて耐震診断を行いました。
その後8年が経ちましたが、昨年の駿河湾沖地震等、最近の
地震から補強工事を考えられたようです。

今回の診断の結果、南北方向0.66、東西方向0.56、
耐震要素の5割ぐらい不足の診断となりました。

筋かい等の耐力壁の増設と制震装置より補強計画により
コスト比較しましたが予算の関係で今回も制震装置による
構法を選択しました。
Y邸は八十を過ぎたご夫婦のお住まいで、私が担当した
耐震補強の最高齢のお宅でした。

耐震補強計画 コア建築計画研究所 西山
施工 松永工務店 大工 沢田さん


c0087349_561862.jpgc0087349_563359.jpg
[PR]

by core1808 | 2010-06-15 23:06 | WORKS-耐震 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://coreplan.exblog.jp/tb/14596619
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< カルガモの親子      省エネ度を測る「自立循環型住宅... >>