2010年 01月 31日
O邸木造住宅耐震診断(一般診断)
昨日、わが家の耐震診断に申込まれたO邸の調査を行いました。
O邸は1950年(昭和25年)頃の建築です。
広縁には丸桁が使われ、出来れば残したいと思わせる、とても良い建物です。
依頼主は中学の一級先輩、とても懐かしく感じました。

間取りの実測をして平面図を作成しますが、平屋ですがとても複雑な
間取で時間がかかりました。
同時に壁の下地と仕上げの確認や建物の老朽度をチェックし、
天井裏から木造の構造体の確認をします。

今回も電気がガイシを用いた配線でした・・・・・・・?

c0087349_5414317.jpg
[PR]

by core1808 | 2010-01-31 05:41 | WORKS-耐震 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://coreplan.exblog.jp/tb/13617024
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 節分祭 福祉施設訪問      まぐろ三品 >>